猫の足あとによる目黒区の寺院、神社など目黒区の寺社案内 猫の足あとによる目黒区の寺院、神社など目黒区の寺社案内
猫の足あと

寿福寺|目黒区上目黒にある天台宗寺院

寿福寺の概要

天台宗寺院の寿福寺は、新清山観明院と号します。寿福寺の創建については諸説あるものの、元和元年(1615)鳳算大阿闍梨が創建したと伝えられます。

寿福寺
寿福寺の概要
山号 新清山
院号 観明院
寺号 寿福寺
住所 目黒区上目黒5-16-6
本尊 阿弥陀如来像
宗派 天台宗
葬儀・墓地 -
備考 -



寿福寺の縁起

寿福寺の創建については諸説あるものの、元和元年(1615)鳳算大阿闍梨が創建したと伝えられます。

目黒区教育委員会掲示による寿福寺の縁起

「新清山観明院壽福寺」といい、天台宗でご本尊は阿弥陀如来です。元和元年(1615)鳳算大阿闍梨が創建されたと伝えられていますが、当境内にある鎌倉時代の板碑から、草創はさらにさかのぼるものと推定されます。この寺は、享保の頃(1716-1735)中興の英主といわれる孝順大和尚のとき、上野護国院の末寺として大いに栄えました。
現在の本堂は、昭和50年に、建替えられましたが、それまでの本堂は明治13年に行人坂の明王院念仏堂を移建したもので、その「念仏堂」の由緒ある扁額は今も掲げられています。また、本堂には木彫彩色の青面金剛立像が安置されています。
門前には、相生地蔵とよばれ信仰されている2體の延命地蔵尊や庚申塔などが立っています。また、宿山の烏森稲荷は元禄の頃(1688-1703)に当寺境内の稲荷社を移したものです。(目黒区教育委員会掲示より)

新編武蔵風土記稿による寿福寺の縁起

(上目黒村)壽福寺
除地3段7畝12歩、小名宿山組にあり。天台宗下目黒龍泉寺の末なり。新清山と号す。開基は下馬引澤村の人民勝五郎といひしもののよし。今も其子孫吉兵衛と称して、現に其地に住居すれども、当寺草創の年代及び開山和尚の名さへも傳へず。中興の開山を法印高順と云。享保12年10月23日示寂せり。客殿8間に6間半。本尊阿弥陀如来を安置せり。(新編武蔵風土記稿より)


寿福寺の周辺図


大きな地図で見る