猫の足あとによる港区の寺院、神社など港区の寺社案内 猫の足あとによる港区の寺院、神社など港区の寺社案内
猫の足あと

神道大教院|港区西麻布の神社

神道大教院の概要

神道大教院は、港区西麻布にある神社です。神道大教院は、神道の総本山として明治6年に大教院と称して設立、昭和15年神道大教と改名したといいます。

神道大教院
神道大教院の概要
社号 神道大教院
祭神 天之御中主神、高皇産霊神、神皇産霊神、伊弉那岐神、伊弉那美神、天照大御神、天神八百萬、地祇八百萬
相殿 -
境内社 -
住所 港区西麻布4-9
備考 -



神道大教院の由緒

神道大教院は、神道の総本山として明治6年に大教院と称して設立、昭和15年神道大教と改名したといいます。

境内掲示による神道大教院の由緒

神道大教の沿革
本教は、明治三年の「神祇鎮祭の詔」並びに「宣布大教の詔」により、明治六年に大教院が設立され、続いて明治八年に教派神道の中心的存在であった神道事務局の名称のもとに設立された。
その後、明治十九年に神道(本局)と名称を変え、更に昭和十五年に神道大教と改名した。
その間、明治十四年に神道総裁に一品有栖川幟仁親王殿下がご就任なされ、明治十八年には総裁の宮のおん後を継いで、稲葉正邦卿(旧淀藩主・子爵)が本教の初代管長に就任され、歴代管長によって現在まで全国に教会・神社・布教所等を有し、本教の道統を守り惟神の教えを行っている。(境内掲示より)


神道大教院の周辺図




会社設立・起業サポートセンター