猫の足あとによる大田区の寺院、神社など大田区の寺社案内 猫の足あとによる大田区の寺院、神社など大田区の寺社案内
猫の足あと

宝泉寺|大田区南六郷にある真言宗智山派寺院

宝泉寺の概要

真言宗智山派寺院の宝泉寺は、自性山蓮耀院と号します。宝泉寺の創建年代は不詳ですが、祐賢(寛永9年1632年寂)が中興開山、覚厳(寛政10年1798年寂)が中興二世となったといいます。玉川八十八ヶ所霊場84番、東海三十三観音霊場23番です。

宝泉寺
宝泉寺の概要
山号 自性山
院号 蓮耀院
寺号 宝泉寺
本尊 木造大日如来坐像
住所 大田区南六郷2-26-12
宗派 真言宗智山派
葬儀・墓地 -
備考 玉川八十八ヶ所霊場84番、東海三十三観音霊場23番



宝泉寺の縁起

宝泉寺の創建年代は不詳ですが、祐賢(寛永9年1632年寂)が中興開山、覚厳(寛政10年1798年寂)が中興二世となったといいます。

「大田区の寺院」による宝泉寺の縁起

当寺の創建年代は詳かでないが、中興開山祐賢は寛永9年(1632)に寂している。その後火災のため堂宇悉く焼失したので、覚厳(寛政10年寂)により本堂等再建し、中興第二世といわれる。その後、時代とともに本堂も破損したので、昭和17年(1942)改築され、さらに戦後再建された。(「大田区の寺院」より)

新編武蔵風土記稿による宝泉寺の縁起

(雑色村)宝泉寺
境内六畝七歩、東厨子の堤下にあり、新義真言宗、本郡高畑村寶幢院末、自性山蓮耀院と号す、開闢の年代を傳へず、中興開山は祐賢大和尚、寛永九年二月二十三日寂す、其後いつの頃か回禄に罹りて堂宇以下のこりなく烏有せしかば、時の住僧覚厳和尚と云し者力を盡して再造せり。故に此和尚をも又後の中興とす。本堂六間半に五間、本尊大日如来の木像を安ず、又弁天の像あり、昔は別に堂ありしが損壊の後廃して当寺に移せり。堂跡は畑となりたれば、今に弁天屋敷ととなへりと。(新編武蔵風土記稿より)


宝泉寺の周辺図


大きな地図で見る