猫の足あとによる大田区の寺院、神社など大田区の寺社案内 猫の足あとによる大田区の寺院、神社など大田区の寺社案内
猫の足あと

法性庵|大田区西糀谷にある日蓮宗寺院

法性庵の概要

日蓮宗寺院の法性庵は、法性教会と称します。には寺子屋として教育に当たっていたことから「寮の寺」と呼ばれたといいます。

法性庵
法性庵の概要
山号 -
院号 -
寺号 法性教会
住所 大田区西糀谷2-20-17
本尊 十界大曼荼羅
宗派 日蓮宗
葬儀・墓地 -
備考 -



法性庵の縁起

法性庵は、法華宗の僧法性院日住法師(宝永2年1705年寂)が開基となり庵室を創建、明治期には寺子屋として教育に当たっていたことから「寮の寺」と呼ばれたといいます。

「大田区の寺院」による法性庵の縁起

開基は日住(宝永2年寂)「新編武蔵風土記稿」には、「五間四方の庵室なり、村持」と記している。明治初年には、寺子屋として地域の子どもの教育に当り、寮の寺とよばれた。(「大田区の寺院」より)

新編武蔵風土記稿による法性庵の縁起

(糀屋村)法性庵
中江名にあり、五間半四方の庵室なり、本尊三寶祖師、法華宗の僧法性院日住法師開基す、日住は宝永二年十一月十九日寂すといへば、造立の年代もおしてしるべし、村持。(新編武蔵風土記稿より)


法性庵の周辺図


大きな地図で見る