猫の足あとによる品川区の寺院、神社など品川区の寺社案内 猫の足あとによる品川区の寺院、神社など品川区の寺社案内
猫の足あと

嶺雲寺|品川区東大井にある曹洞宗寺院

嶺雲寺の概要

曹洞宗寺院の嶺雲寺は、高詳山と号します。嶺雲寺は、慶長9年(1604)厳育和尚が創建、吉田半左衛門重房が中興開基したといいます。

嶺雲寺
嶺雲寺の概要
山号 高詳山
院号 -
寺号 嶺雲寺
住所 品川区東大井2-15-10
本尊 釈迦如来
宗派 曹洞宗
葬儀・墓地 -
備考 -



嶺雲寺の縁起

嶺雲寺は、慶長9年(1604)厳育和尚が創建、吉田半左衛門重房が中興開基したといいます。

新編武蔵風土記稿による嶺雲寺の縁起

嶺雲寺
境内除地5畝7歩。小名濱川町にあり。曹洞宗にて同郡南品川宿天龍寺の末なり。高祥山と号す。慶長9年開山厳育和尚の草創といへり。中興を不聞實伝和尚と云。萬冶3年11月15日示寂す。中興の開基は吉田半左衛門重房と称して境内に墳墓もあり、その碑蔭に記せし大略に云、重房は越前の人なり。故ありて相州粕谷に来りて住居せしに、後当村へ移りて村民となり、当寺を開基し萬冶3年5月21日享年65にして死せりと。今此子孫をしらず客殿5間に4間本尊釈迦如来を安置す。(新編武蔵風土記稿より)


嶺雲寺の周辺図


大きな地図で見る