猫の足あとによる品川区の寺院、神社など品川区の寺社案内 猫の足あとによる品川区の寺院、神社など品川区の寺社案内
猫の足あと

養願寺|品川区北品川にある天台宗寺院、東海七福神の布袋尊

養願寺の概要

天台宗寺院の養願寺は、明鏡山善行院と号します。養願寺は、正安元年(1299)に創建、什慶が寛文年中(1661-1672)に中興開山したといいます。東海七福神の布袋尊です。

養願寺
養願寺の概要
山号 明鏡山
院号 善行院
寺号 養願寺
住所 品川区北品川2-3-12
本尊 阿弥陀立像
宗派 天台宗
葬儀・墓地 -
備考 東海七福神の布袋尊



養願寺の縁起

養願寺は、正安元年(1299)に創建、什慶が寛文年中(1661-1672)に中興開山したといいます。

養願寺の縁起

(北品川宿)養願寺
除地二段八畝(元禄検地帳)に二段十二歩、寺傳と齟齬す、三町目にあり、天台宗南品川常行寺末、明鏡山善行院と號す、正安元年の草創なり、中興開山什慶寛文年中再興す、本尊阿弥陀の立像を置、信州善光寺如来の模像なりと云、明暦元年境内二段傳馬役屋敷となり、代地を御殿山の下にて下し賜はれりと。
虚空蔵堂。門を入て正面にあり、二間半に四間の塗籠なり、虚空蔵あり慈覚大師の作なり、應永年中より此地に安置すといふ。
淡島社。門を入て左にあり、一間に九尺の塗籠なり。
稲荷社。同邊にあり方一間。
門前町屋。間口南側九間半、北側九間、歩数百八十四、是も町奉行の支配也。(新編武蔵風土記稿より)

養願寺所蔵の文化財

  • 銅造阿弥陀如来立像(品川区指定有形文化財)
  • 木像不動三尊像(品川区指定有形文化財)

銅造阿弥陀如来立像

この阿弥陀如来立像は、木像の観音・勢至像を脇侍とし、本尊の脇に安置されている。
身に納衣を通肩にまとい、右手を屈して五指を伸ばし、掌を正面に向けている。左手は垂下して第二指と第三指を伸ばし、徳の指を捻じた刀印を結ぶ。頭部体躰を一鋳に吹いている。
この像は、長野市にある善光寺の本尊の模作の一つであるが、鎌倉時代の製作と推定され、大変貴重なものである。(品川区教育委員会)

木像不動三尊像

三尊像は、中尊が不動明王像、脇侍が制乇迦童子像・矜羯羅童子像の三躯である。
銘文から、甲州の出身で武州豊島郡金杉村(台東区)世尊寺に住む法印大僧都玄雄が、二世安楽のため、万治元年(1658)に発願造立した像であることが判る。仏師は、春達であると推定される。
三尊像とも彩色が施されていたが、彩色は後世のものと思われる。(品川区教育委員会)


養願寺の周辺図


大きな地図で見る