猫の足あとによる台東区の寺院、神社など台東区の寺社案内 猫の足あとによる台東区の寺院、神社など台東区の寺社案内
猫の足あと

第六天榊神社|台東区蔵前の神社、村社、浅草文庫跡地

第六天榊神社の概要

第六天榊神社は、台東区蔵前にある神社です。第六天榊神社は、日本武尊が、景行天皇40年(110)に創建したといいます。もと第六天神社と称し、森田町(現蔵前3丁目)に鎮座していましたが、享保4年(1719)浅草不唱小名(柳橋1丁目)へ遷座しました。明治維新の廃仏毀釈により社号を榊神社へ改称、昭和3年、浅草文庫の跡地であった当地へ移転しました。

第六天榊神社
第六天榊神社の概要
社号 榊神社
祭神 天神第六代坐榊皇大御神、面足尊、惶根尊
相殿 -
境内社 七福稲荷神社、事比羅神社、豊受神社、繁盛稲荷社
旧別当 -
住所 台東区蔵前1-4-3
備考 旧村社、境外摂社揖取稲荷神社



第六天榊神社の由緒

第六天榊神社は、日本武尊が、景行天皇40年(110)に創建したといいます。もと第六天神社と称し、森田町(現蔵前3丁目)に鎮座していましたが、享保4年(1719)浅草不唱小名(柳橋1丁目)へ遷座しました。明治維新の廃仏毀釈により社号を榊神社へ改称、昭和3年、浅草文庫の跡地であった当地へ移転しました。

御府内寺社備考による第六天榊神社の由緒

浅草不唱小名 第六天神社、古跡拝領地380坪東西47間1尺7寸南北22間。
当社旧森田町ニ御座候処、享保4年正月12日、松平対馬守殿被仰渡御用地ニ被召上、同年4月9日、浅草御門外松平市正殿上り屋敷跡ニ而元坪通代地被下置候。(御府内寺社備考より)

東京都神社名鑑による第六天榊神社の由緒

景行天皇の御宇四十年(一一〇)、日本武尊が、勅命を奉じて東国の鎮定に下向された時、広漠たる武蔵野台地の東端で、東に筑波の嶺を、西に富士の霊峰を仰ぎ見、南に内海の清き白狼が、常世の浪の重浪と打ち寄せ、北に大樹の鬱蒼と生い茂った鳥越丘上の地を良き斎庭と定められ、国土創成の祖神である皇祖二柱の大御神を鎮祭し、御自ら奉持された白銅の宝鏡を納めて、東国の平安を祈願し、国家鎮護の神宮として創建されたのが、当社の創祀である。古来、「第六天神宮」と称され、公武衆庶の崇敬があつかった。江戸時代には、徳川幕府浅草御蔵の総鎮守として、将軍家より、当時日本第一といわれた大御神輿の奉納もあり、格別にあつい尊崇を受けていた。明治六年二月、神社名を「榊神社」と改めた。昭和三十五年六月に、御鎮座一千八百五十年式年大祭が、盛大に斎行された。当社は、全国に奉斎されている第六天神の「総本宮」として、広く崇敬されている。(東京都神社名鑑より)


第六天榊神社所蔵の文化財

第六天榊神社の鎮座する当地は、かつて浅草文庫がありました。

  • 浅草文庫跡碑

蔵前工業会掲示による浅草文庫

浅草文庫は、明治7年(1874)7月に創設された官立の図書館である。翌8年に開館し、公私の閲覧に供した。当時の和・漢・洋の蔵書数は十一万余冊とも十三万余冊ともいわれている。現在、その蔵書は、国立公文書館内閣文庫や国立国会図書館、東京国立博物館などに所蔵され、太政大臣三条実美の筆蹟と伝える「浅草文庫」の朱印が押されている。
明治14年5月に閉鎖。跡地は翌15年に設立の東京職工学校(旧東京高等工業学校、現東京工業大学)の敷地の一部となった。関東大震災後の大正13年、当時の東京高等工業学校は目黒区大岡山に移転。
昭和3年に現在地に移ってきた榊神社のあたりは、かつて、浅草文庫が位置していたところである。高さ4mの碑は、この文教の旧地を記念して、昭和15年11月建立された。(蔵前工業会掲示より)

第六天榊神社の周辺図


大きな地図で見る