猫の足あとによる台東区の寺院、神社など台東区の寺社案内 猫の足あとによる台東区の寺院、神社など台東区の寺社案内
猫の足あと

長松寺|台東区下谷にある浄土宗寺院

長松寺の概要

浄土宗寺院の長松寺は、月円山と号します。長松寺は、僧實誉(明暦2年1656年寂)が開山したと伝えられます。

長松寺
長松寺の概要
山号 月円山
院号 -
寺号 長松寺
住所 台東区下谷1-8-20
宗派 浄土宗
葬儀・墓地 -
備考 -



長松寺の縁起

長松寺は、僧實誉(明暦2年1656年寂)が開山したと伝えられます。

新編武蔵風土記稿による長松寺の縁起

長松寺
浄土宗京都知恩寺末、月円山清光院と号す。本尊弥陀。開山實誉、明暦2年12月26日寂す。文化10年より常念佛を執行せり。
寺宝。
月の丸御影一幅。貞享年中記せし縁起の畧に法然念佛弘通の為伊勢大神宮へ参籠し、日輪を拝せしに日輪の内に六字の名号分明にあらはれしかは、上人自是を写し今の世に日の丸の名号と号す。月読の本体也。其夜神前にて持誦法栄に心を砕き、深更に及て月輪を拝せしに、月輪の内に勢至の真影并上人の姿天童子左右より天蓋を棒る様、映現せしかは、上人末世衆生のため此形相を写し、月の丸御影と称す。是伊勢月宮の本体なり。故有て当寺に安すと云。故に世に月の丸の長松寺と呼べり。(新編武蔵風土記稿より)


長松寺の周辺図


大きな地図で見る