猫の足あとによる台東区の寺院、神社など台東区の寺社案内 猫の足あとによる台東区の寺院、神社など台東区の寺社案内
猫の足あと

了院寺|台東区谷中にある天台宗寺院

了院寺の概要

天台宗寺院の了院寺は、随龍山と号します。了院寺は、随龍院殿正真日安大禅尼(松平但馬守の先祖)が開基となり、寛永元年(1624)当地に創建、当初日蓮宗の不受不施派に属しており、感應寺(現天王寺)九ヵ院の中でも唯一寺号を有する寺院でしたが、元禄11年(1698)不受不施の禁令により、時の住職であった妙用比丘尼は入牢を命じられたのち配流、翌年感應寺(現天王寺)とともに天台宗に改められたといいます。

了院寺
了院寺の概要
山号 随龍山
院号 -
寺号 了院寺
住所 台東区谷中7-17-2
宗派 天台宗
葬儀・墓地 -
備考 墓地区画受付中



了院寺の縁起

了院寺は、随龍院殿正真日安大禅尼(松平但馬守の先祖)が開基となり、寛永元年(1624)当地に創建、当初日蓮宗の不受不施派に属しており、感應寺(現天王寺)九ヵ院の中でも唯一寺号を有する寺院でしたが、元禄11年(1698)不受不施の禁令により、時の住職であった妙用比丘尼は入牢を命じられたのち配流、翌年感應寺(現天王寺)とともに天台宗に改められたといいます。

御府内寺社備考による了院寺の縁起

了院寺。
当院起立相知不申候。
開基随龍院殿正真日安大禅尼松平但馬守先祖。
本尊阿弥陀如来、丈2尺6寸5分。
不動尊、丈1尺3寸5分。(御府内寺社備考感應寺項より)


了院寺所蔵の文化財

  • 中村正直墓(都指定文化財)
  • 木造阿弥陀如来立像(台東区有形文化財)

中村正直墓

明治時代の教育者、啓蒙学者。天保3年(1832)幕臣中村武兵衛の子として江戸に生まれ、幼名を釧太郎、名を正直、号を敬宇という。昌平坂学問所に入り、佐藤一斎について儒学を学ぶ。慶応2年(1866)幕府の英国留学生派遣に取締として同行、英国市民社会の実情に触れた。
明治5年(1872)新政府に出仕し、大蔵省翻訳御用を務めるかたわら、翌年、家塾同人社を開いた。女子高等師範学校(現お茶の水女子大学)校長就任、訓盲院の開設など女子教育、障害者教育にも力を注ぎ、東京帝国大学教授・元老院議官・貴族院議員も歴任した。
明治24年6月7日、60歳で病没。葬儀は神葬で行われた。
正直は、西周・神田孝平らと明六社を起こし、啓蒙思想の普及に務め、日本近代化に貢献した。
訳著書に「西国立志編」「自由之理」などがある。


了院寺の周辺図


大きな地図で見る