猫の足あとによる豊島区の寺院、神社など豊島区の寺社案内 猫の足あとによる豊島区の寺院、神社など豊島区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

清龍院|豊島区南池袋にある日蓮宗寺院

清龍院の概要

日蓮宗寺院の清龍院は、御嶽山と号します。清龍院は、正長元年(1428)頃に真言宗寺院として創建、のち(法明寺と共に)法華宗(日蓮宗)に改宗したといいます。雑司が谷七福神の毘沙門天です。

清龍院全景
清龍院の概要
山号 御嶽山
院号 清龍院
寺号 -
住所 豊島区南池袋4-25-6
本尊 釈迦坐像 日蓮坐像
宗派 日蓮宗
葬儀・墓地 墓地受付中
備考 雑司が谷七福神の毘沙門天


※御朱印画像はいけみずさんよりの寄贈


清龍院の縁起

清龍院は、正長元年(1428)頃に真言宗寺院として創建、のち(法明寺と共に)法華宗(日蓮宗)に改宗したといいます。

「豊島の寺院」による清龍院の縁起

(雑司ヶ谷村御嶽社別當)清立院
法花宗法明寺末、本尊三寶祖師を安す、堂題目を修行せり、御嶽の常題目とて世人の知る所なり、今本立寺にて兼帯せり。
金山稲荷社。土人鐡液稲荷ととなふ、往古石堂孫左衛門と云ふ刀鍛冶居住の地にて、守護神に勧請する所なり、今も社邊より鐡屑を掘出すことままあり、村民持、又この社の西の方なる崕元文の頃崩れしに大なる横穴あり、穴中二段となり上の段に骸及び國光の短刀あり、今名主平治左衛門が家蔵とす、下段には骸のみありしと云、何人の古墳なるや詳ならず。(「豊島の寺院」より)

「豊島の寺院」による清龍院の縁起

正長元年(1428)頃の創立、当山安置の御嶽蔵王権現は雑司ヶ谷往古の鎮守で、寛永年間本立寺が支配していた。昔は真言宗であったが、正嘉年中の悪疫流行の折権現の利益あり、法華勧請となる。三度火災にあったが逐次再建。(「豊島の寺院」より)


清龍院の周辺図