猫の足あとによる豊島区の寺院、神社など豊島区の寺社案内 猫の足あとによる豊島区の寺院、神社など豊島区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

遠妙寺|豊島区南大塚にある本門佛立宗寺院

遠妙寺の概要

本門佛立宗寺院の遠妙寺は、自彰山と号します。遠妙寺は、清雄寺の伊達日彰上人が、大正6年(1917)渋谷に仮道場を開いて始まり、翌年巣鴨宮下町に仏立講堂遠妙親会場として創建したといいます。昭和11年当地へ移転、末寺に千葉市妙導寺、宇都宮市遠歓寺を擁します。

遠妙寺
遠妙寺の概要
山号 自彰山
院号 -
寺号 遠妙寺
住所 豊島区南大塚2-15-1
宗派 本門佛立宗
本尊 大曼荼羅
葬儀・墓地 -
備考 -



遠妙寺の縁起

遠妙寺は、清雄寺の伊達日彰上人が、大正6年(1917)渋谷に仮道場を開いて始まり、翌年巣鴨宮下町に仏立講堂遠妙親会場として創建したといいます。昭和11年当地へ移転、末寺に千葉市妙導寺、宇都宮市遠歓寺を擁します。

「豊島の寺院」による遠妙寺の縁起

同宗の本所吾妻橋、清雄寺(寛文2年1662年創建)にあった伊達日彰上人が、大正6年(1917)渋谷に仮道場、翌年巣鴨宮下町1596に仏立講堂遠妙親会場を創設。昭和11年(1936)現在地に移転、昭和20年(1945)戦災により全焼。昭和23年仮本堂を建立、以来昭和38年までに一応全ての設備が整う。新遠妙寺が昭和56年6月に完成。(「豊島の寺院」より)


遠妙寺の周辺図


大きな地図で見る