猫の足あとによる葛飾区の寺院、神社、観光名所など葛飾区の寺社案内 猫の足あとによる葛飾区の寺院、神社、観光名所など葛飾区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

証願寺|葛飾区立石にある真宗大谷派寺院

証願寺の概要

真宗大谷派寺院の証願寺は、春日山と号します。越後国春日山城主上杉憲政、入道証願の三男憲篤が出家して、慶長15年(1610)に湯島に創建したといいます。明暦の大火に罹災し浅草に移転、その後浅草松浦町へ移転しました。関東大震災に罹災後、昭和6年当地に移転しました。

証願寺1
証願寺の概要
山号 春日山
院号 -
寺号 証願寺
住所 葛飾区立石7-11-30
本尊 阿弥陀如来立像
宗派 真宗大谷派
葬儀・墓地 -
備考 -



証願寺の縁起

証願寺は、越後国春日山城主上杉憲政、入道証願の三男憲篤が出家して、慶長15年(1610)に湯島に創建したといいます。明暦の大火に罹災し浅草に移転、その後浅草松浦町へ移転しました。関東大震災に罹災後、昭和6年当地に移転しました。

越後国頸城郡春日山城主上杉憲政、入道証願の三男憲篤が出家して慶受といい、慶長15年(1610)年江戸湯島に証願寺を創立した。明暦3年(1657)江戸の大火に類焼して浅草に移転し、さらに文化3年(1806)東本願寺(旧通称東京本願寺)とともに焼失して、浅草松浦町に移ったが、大正12年の関東大震火災に罹り、昭和6年5月現在地に移転した。現在の本堂は昭和36年、庫裡は昭和40年の再建である。(葛飾区教育委員会 葛飾区寺院調査報告より)


証願寺の周辺図


大きな地図で見る