猫の足あとによる葛飾区の寺院、神社、観光名所など葛飾区の寺社案内 猫の足あとによる葛飾区の寺院、神社、観光名所など葛飾区の寺社案内
猫の足あとによる東京都寺社案内

西光寺|葛飾区四つ木にある天台宗寺院、葛西清重の居館

西光寺の概要

天台宗寺院の西光寺は、超越山来迎院と号します。西光寺は、嘉禄元年(1225)に創建、当地は元葛西清重の居館とも言われています。南葛八十八ヶ所霊場33番札所、荒綾八十八ヶ所霊場34番札所です。

西光寺
西光寺の概要
山号 超越山
院号 来迎院
寺号 西光寺
住所 葛飾区四つ木1-25-8
本尊 阿弥陀如来立像
宗派 天台宗
縁日 4月8、9、10日報恩講式、
葬儀・墓地 -
備考 南葛八十八ヶ所霊場33番札所、荒綾八十八ヶ所霊場34番札所

  • 西光寺山門西光寺山門
  • 西光寺本堂西光寺本堂
  • 西光寺鐘楼西光寺鐘楼


西光寺の縁起

西光寺は、当地の領主だった葛西三郎清重の館に親鸞上人が逗留、帰依した葛西三郎清重が浄土真宗雨降山西光寺として嘉禄元年(1225)に創建したと伝えられます。寛永年間(1624-43)天台宗に改め、寺院を再興しました。

葛飾区寺院調査報告による西光寺の縁起

嘉禄元年(1225)の創立。寺伝によると、領主葛西三郎清重は幾多の戦功により、鎌倉将軍家から葛西領のうち3500町歩の地を得、晩年、葛西郡渋江郷(現在の四つ木)に閑居した。たまたま親鸞聖人が関東教化のとき葛西氏の館に留錫して、自ら阿弥陀如来の像を画いて与えた。清重は随喜のあまり聖人に帰依して弟子となり、西光房と号し、宅地内に一寺を建てたが、聖人の逗留中、五十余日の間、雨が降りつづいたので山号を雨降山といい、寺を西光寺と名づけた。
以来、浄土真宗として法灯を続けたが、永禄7年(1564)、国府台の合戦で兵火にかかり、寺運衰退し、さらにいくたびかの水害で無住状態となった。寛永年間(1624-43)、天台宗の旅僧が止宿して、由緒ある法灯の絶えることを惜しみ、村民とはかって天台宗の寺として再興し、浅草伝法院の門末として、山号を超越山と改めた。当寺では、浄土真宗の行事である報恩講式(親鸞聖人の忌日に行う法要)を毎年行っているが、これは阿弥陀如来画像の霊告により、安永4年(1775)以来、毎年4月8、9、10の三日間、執行されることを通例とした。
本堂の裏側宅地内に、清重稲荷を祀る社屋と、寺から100メートル両方の民家に囲まれた中に、清重塚という小丘がある。塚は葛西清重夫妻を葬った場所と伝え、寛永8年(1631)建立の五輪塔1基と、明治の待つ、大槻博士の建てた葛西清重の記念碑がある。なおここから江戸時代に石棺が発掘され、中に多くの武器類が収められていたことが伝えられている。(葛飾区教育委員会 葛飾区寺院調査報告より)

新編武蔵風土記稿による西光寺の縁起

西光寺
天台宗浅草寺末、超越山来命院と号す。本尊は弥陀にて堂の傍に別殿を建続く。親鸞自筆の阿弥陀を安す。縁起に云、昔葛西三郎平清重、頼朝家に仕へて郡中三十余町を領しここに居住せしか親鸞関東釋廻の砌たまたま止宿し、清重信仰の余り弟子となり薙染して西光坊と号し、則己が宅地へ堂舎を建て一寺となせり。親鸞五十余日逗留の間折しも霖雨打続きければ、山を雨降と名付け、尚自ら弥陀の像を書き與へたるは今の別殿安置の像是なり云々。然るを寛永の頃改宗して浅草寺の末に属し、其時又屡洪水の災ありしかば雨降を改め超越山と号すと云。されど今も古の宗風を追て年毎3月8日より10日まで法恩講式を執行へり。
寺宝
聖徳太子像一体。清重手自から作る処と云。
長刀一振。無名にて長1尺8寸柄長4尺7寸5分、清重所持のものと云。此余下に載る塚中より出たる佛像寺宝たりしが、何の年にや失ひて今は傳へず。
清重塚。当寺除地の畑中にあり、僅の塚なり。松二株あり上に小社を建、清重稲荷と崇めり。昔は塚も大なりしにや後年あたり近き陸田を廣めんとて、塚をも稍堀崩せるに一の石槨堀得たり。其蓋石に梵字と蓮華を刻し、側に葛西三郎清重と彫り、槨中に佛像及び武器等ありしかは佛像のみ取出て当時の宝物とし、其余は元の如く埋みて塚上に社を立しと云。按に清重が遺骨をここに葬すと云うこと疑ふべし。彼は文治5年奥州の泰衡追討とて下向し、凱陣の後其功に依て奥州七郡に封せられ検非違使所の事を管領して彼国へ移転し、子孫連綿住居せし由「対内風土記」「平泉旧蹟志」「奥羽観跡聞老志」等にも載て、再び当郡へ帰住する事他に所見なしもしくば清重移転の後、一族の者ここに住してそれらの遺骨を葬せしなるを、清重が名高きを以誤り傳へしにあらすや。殊に寺伝に親鸞回国の時清重法弟と成て薙染し、宅地を寺とせしなと云事、年代齟齬するに似たり。是等に依ても清重にあらさる事論無るべし。又寺内に清重が碑とて五輪の塔あれど、銘に寛永八辛未天為道松禅定門云々とほのかにみゆれば、恐くは他人の碑なるべし。又其側に応永20年の古碑あれど是も何人の碑なりや詳ならず。(新編武蔵風土記稿より)


西光寺所蔵の文化財

  • 木造聖徳太子立像 1躯(葛飾区指定文化財)
  • 葛西清重墓(東京都指定文化財)

西光寺の周辺図


大きな地図で見る