猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内 猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内
猫の足あと

日月社(姥子社)|横浜市戸塚区上矢部町の神社

日月社(姥子社)の概要

日月社(姥子社)は、横浜市戸塚区にある神社です。日月社(姥子社)は、寛元年間(1243-1246)に創建したといいます。宅地開発により、字姥子前1463にあった姥見社(姥子社、伝鎌倉時代創建)を当社境内地に遷座したといいます。

日月社(姥子社)
日月社(姥子社)の概要
社号 日月社
祭神 大日孁貴命、月夜見命
相殿 -
境内社 姥子社
住所 横浜市戸塚区上矢部町1525
祭日 例大祭3月26日
備考 -



日月社(姥子社)の由緒

日月社(姥子社)は、寛元年間(1243-1246)に創建したといいます。宅地開発により、字姥子前1463にあった姥見社(姥子社、伝鎌倉時代創建)を当社境内地に遷座したといいます。

新編相模国風土記稿による日月社(姥子社)の由緒

(上矢部村)
日月社

姥見社(宇婆古也之呂)(新編相模国風土記稿より)

神奈川県神社誌による日月社(姥子社)の由緒

寛元年間の創建である。往古当地の住民が、夜昼の別なき神明の加護に深く感謝し、朝日、夕日の直照らす好地に神祠を建て、日待、月得の祭事を続けて来た。その場所を「日夜の杜」といったが、やがて「日の森」と呼ぶようになり、現在も「日の森谷」の小字名を遺している。(神奈川県神社誌より)

境内掲示による姥子社の由緒

姥子社由来のこと
この社は、姥子社と申します。
鎌倉時代に創建されたと伝えられています。
もとの社殿は、ここから百四十メートルはなれた、上矢部町字姥子前一四六三番地にありましたが、東京都丸の内、勧業不動産株式会社が市街地開発を行うために、現在の地へ移転しました。(神奈川県神社誌より)


日月社(姥子社)の周辺図


大きな地図で見る