片瀬山泉蔵寺。藤沢市片瀬にある真言宗大覚寺派寺院

猫の足あとによる神奈川県寺社案内

片瀬山泉蔵寺。相模国大師廿一霊場

泉蔵寺の概要

真言宗大覚寺派寺院の泉蔵寺は、片瀬山大聖院と号します。泉蔵寺の創建年代等は、元文元年(1736)の火災により焼失してしまい、不詳ながら、相模国準四国八十八ヶ所43番、相模国大師廿一霊場18番となっています。

泉蔵寺
泉蔵寺の概要
山号 片瀬山
院号 大聖院
寺号 泉蔵寺
住所 藤沢市片瀬3-3-44
宗派 真言宗大覚寺派
葬儀・墓地 -
備考 -



泉蔵寺の縁起

泉蔵寺の創建年代等は、元文元年(1736)の火災により焼失してしまい、不詳ながら、相模国準四国八十八ヶ所43番、相模国大師廿一霊場18番となっています。

新編相模国風土記稿による泉蔵寺の縁起

(片瀬村)
泉蔵寺
片瀬山大聖院と號す、古義眞言宗(手廣村青蓮寺末、)本尊は不動なり、元文元年回禄に罹り古傳を失ふと云ふ、(新編相模国風土記稿より)

「全国寺院名鑑」による泉蔵寺の縁起

片瀬山と号す。創立年代、開山等は火災によって堂宇寺録が焼失したため不詳。(「全国寺院名鑑」より)


泉蔵寺の周辺図


参考資料

  • 新編相模国風土記稿
  • 「全国寺院名鑑」