猫の足あとによる青葉区・横浜市・首都圏の寺院、神社など寺社案内

猫の足あとによる横浜市寺社案内

宗英寺。横浜市青葉区鉄町にある曹洞宗寺院

宗英寺の概要

曹洞宗寺院の宗英寺は、一抽山と号します。宗英寺は、当地の地頭だった加藤権右衛門景正(大樹院一抽宗英)が開基となり、仁嶺寅恕(元和3年1617年寂)が開山したといいます。

宗英寺
宗英寺の概要
山号 一抽山
院号 -
寺号 宗英寺
本尊 釋迦牟尼佛像
住所 横浜市青葉区鉄町1783
宗派 曹洞宗
葬儀・墓地 -
備考 -



宗英寺の縁起

宗英寺は、当地の地頭だった加藤権右衛門景正(大樹院一抽宗英)が開基となり、仁嶺寅恕(元和3年1617年寂)が開山したといいます。

新編武蔵風土記稿による宗英寺の縁起

(上鐡村)宗英寺
除地、二町八段四畝、村の西にあり、禅宗曹洞派、江戸澁谷長谷寺末、一抽山と號す、開山仁嶺寅恕元和三年五月二十一日寂す、開基は此村の地頭加藤権右衛門景正なり、法名を大樹院一抽宗英と云、寛永七年八月卒す、客殿七間半に五間半、坤の方に向ふ、本尊釋迦木の坐像にして長一尺ばかりなり、(新編武蔵風土記稿より)


宗英寺の周辺図


関連資料
  • 新編武蔵風土記稿