長福寺。横浜市港北区綱島台にある浄土真宗系単立寺院

猫の足あとによる横浜市寺社案内

綱島山長福寺。綱島十八騎の頭目佐々木五郎右衛門正次が開基

長福寺の概要

浄土真宗系単立寺院の長福寺は、綱島山と号します。長福寺は、綱島十八騎の頭目佐々木五郎右衛門正次が開基となり創建したといいます。

長福寺
長福寺の概要
山号 綱島山
院号 -
寺号 長福寺
住所 横浜市港北区綱島台28-1
宗派 浄土真宗系単立
葬儀・墓地 長福寺会館
備考 長福寺幼稚園



長福寺の縁起

長福寺は、綱島十八騎の頭目佐々木五郎右衛門正次が開基となり創建したといいます。

新編武蔵風土記稿による長福寺の縁起

(南綱島村)長福寺
字中村にあり、浄土真宗にて京都東本願寺末綱島山と號す、客殿七間に六間巽に向ふ、本尊は彌陀の木像にて長一尺餘、開基は前にいへる所(北條左衛門佐が知行していた際、金堂五郎右衛門正次が綱島十八騎の首魁となったとの記述)の十八騎の頭なりし金堂五郎右衛門正次なりと云、寛永元年十一月七日雷火の爲に堂宇すへて焼失し、舊記等も此時殘りなく焼失せしかば、開山の僧も詳ならす。
太子堂。門を入て左にあり前に數級の石階あり、九尺四方の堂にて長一尺五寸の木像を安す。(新編武蔵風土記稿より)


境内石碑による長福寺の縁起

当山は今から約四百年前、文禄元年の戦国時代の頃綱島十八騎というものがおって、その一人児島賀典(後改姓して佐々木となる)が当地に出家して僧となり浄土真宗綱島山長福寺と号し今日に及んだものであります。(境内石碑より)

長福寺の周辺図

参考資料

  • 新編武蔵風土記稿