猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内 猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内
猫の足あと

瀬谷左馬社|横浜市瀬谷区橋戸の神社

瀬谷左馬社の概要

瀬谷左馬社は、横浜市瀬谷区橋戸にある左馬社です。瀬谷左馬社の創建年代は不詳ですが、瀬谷八幡社瀬谷日枝社瀬谷諏訪社と共に瀬谷村の鎮守社であったといいます。

瀬谷左馬社
瀬谷左馬社の概要
社号 左馬社
祭神 左馬頭源義朝
相殿 -
境内社 豊受大神、稲荷社、天満宮、古峯神社
住所 横浜市瀬谷区橋戸3-20-1
祭日 例大祭9月10日
備考 -



瀬谷左馬社の由緒

瀬谷左馬社の創建年代は不詳ですが、境川沿岸に点在する「サバ」社の一社であるといいます。

新編相模国風土記稿による瀬谷左馬社の由緒

(瀬谷村)左馬明神社
例祭八月十日以上四社各所在の鎮守とす。(新編相模国風土記稿より)

神奈川県神社誌による瀬谷左馬社の由緒

左馬社(瀬谷区瀬谷町1785)
当社近くの境内の岸に古宮と呼ぶ森があり、往昔その社を源家縁りの人等が当地に移し、源義朝公を斎ったものと伝えられる。境川沿岸には「サバ」の社号をもつ社が点在するが、当社もその流れと思われる。(神奈川県神社誌より)

瀬谷区役所掲示による瀬谷左馬社の由緒

左馬社と梵鐘
その昔、境川流域の村々では、疫病が流行すると境川の東西に点在する神社をまわり、厄除けをする民俗信仰が盛んでした。(七サバ参り)
当左馬社は、「七サバ神社」と呼ばれるうちの一つであり、祭神は左馬頭源義朝です。
隣接の真言宗西福寺が、この左馬社の別当職であったので、当時の神仏混淆の姿が今日に残り、神社の境内にある吊鐘は区内唯一のもので、厄除け、虫除けに鐘をついて祈願したとのことです。
梵鐘は江戸時代の文久元年(1861年)に鋳造されましたが、太平洋戦争の際供出したため、昭和32年(1957年)氏子の協力によって新たに現在の鐘がつくられました。(瀬谷区役所掲示より)


瀬谷左馬社所蔵の文化財

  • 梵鐘

瀬谷左馬社の周辺図


大きな地図で見る