猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内 猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内
猫の足あと

長泉寺。横浜市都筑区北山田にある真言宗豊山派寺院

長泉寺の概要

真言宗豊山派寺院の長泉寺は、妙見山不動院と号します。長泉寺の創建年代等は不詳ながら、かつては山田村内の字不動谷にあったといいます。覺推(延享年間1744-1747寂)が中興したといいます。准秩父三十四観音霊場31番です。

長泉寺
長泉寺の概要
山号 妙見山
院号 不動院
寺号 長泉寺
住所 横浜市都筑区北山田7-10-4
宗派 真言宗豊山派
葬儀・墓地 -
備考 -



長泉寺の縁起

長泉寺の創建年代等は不詳ながら、かつては山田村内の字不動谷にあったといいます。覺推(延享年間1744-1747寂)が中興したといいます。

新編武蔵風土記稿による長泉寺の縁起

(山田村)長泉寺
除地、一町八段歩、村の字芝生谷にあり、新義真言宗、王禅寺村王禅寺の末、妙見山と號す、不動院と稱す、元當寺は村の西不動谷にありしを、今の處へ移せり、開山は寺傳を失ふ、中興開山を覺推といふ、延享中に寂す、本尊不動は坐像長七寸ばかり、此外銅像の不動を厨子に収む、長さ一寸八分、秘佛にて住僧といへども一代に一度ならでは拝することをえず、客殿七間半に六間東向なり、地頭河野伴右衛門より畑二段五畝を寄附せり。
十王堂。境内の丘上にあり、登ること三十間許、三間半に三間西向なり、十王は各二尺程、傍に大日如来を置、木像にて長三尺ばかり、此堂元は経堂なりといへり。(新編武蔵風土記稿より)


長泉寺の周辺図

参考資料
  • 新編武蔵風土記稿