猫の足あとによる都筑区・横浜市・首都圏の寺院、神社など寺社案内

猫の足あとによる横浜市寺社案内

弘願山長徳寺。横浜市都筑区牛久保西にある浄土真宗本願寺派寺院

長徳寺の概要

浄土真宗本願寺派寺院の長徳寺は、弘願山と号します。長徳寺は、浄源(永正元年1504年寂)が浄念寺と号して開山、その後長徳寺と改めたといいます。

長徳寺
長徳寺の概要
山号 弘願山
院号 -
寺号 長徳寺
住所 横浜市都筑区牛久保西3-9-1
宗派 浄土真宗本願寺派
葬儀・墓地 -
備考 -



長徳寺の縁起

長徳寺は、浄源(永正元年1504年寂)が浄念寺と号して開山、その後長徳寺と改めたといいます。

新編武蔵風土記稿による長徳寺の縁起

(牛久保村)長徳寺
年貢地、七畝二十歩、村の南にあり、浄土眞宗、京都西本願寺末、弘願山と號す、開山浄源永正元年三月十五日寂す、此寺古は浄念寺とて東本願寺末なりしが、何の頃よりか西本願寺に屬せり、文禄年中の水帳によれば、其頃常仙寺ともいひしよし記せり、其處に今太子堂をたつ、三間に二間、客殿に向ひて左の方なり、此本尊は客殿に安置せり、彌陀の立像長一尺八寸ばかりなり、當寺の本尊も彌陀の立像長二尺一寸六分、客殿八間半に八間艮向なり、境内に八木豊後守が墳墓あり、其處に古松ありて夫を標とせり、同郡山田村の元名主の先祖なり、故あつて廢絶し、同村の百姓元蔵と云もの追福を營と云。(新編武蔵風土記稿より)


長徳寺の周辺図

参考資料
  • 新編武蔵風土記稿