今里正八幡宮。渋谷庄の長山本六之蒸吉家が、延宝9年金幣を献上

猫の足あとによる神奈川県寺社案内

今里正八幡宮。海老名市今里の神社

今里正八幡宮の概要

今里正八幡宮は、海老名市今里にある神社です。今里正八幡宮の創建年代等は不詳ながら、相州高座郡渋谷庄の長山本六之蒸吉家が、延宝9年(1681)に金幣を献上、今里村の鎮守社だったといいます。

今里正八幡宮
今里正八幡宮の概要
社号 正八幡宮
祭神 応神天皇
相殿 -
境内社 稲荷社
祭日 4月20日
住所 海老名市今里1-3
備考 -



今里正八幡宮の由緒

今里正八幡宮の創建年代等は不詳ながら、相州高座郡渋谷庄の長山本六之蒸吉家が、延宝9年(1681)に金幣を献上、今里村の鎮守社だったといいます。

新編相模国風土記稿による今里正八幡宮の由緒

(今里村)
八幡社
本地佛彌陀を安ず、村内の鎮守なり、村持、
末社。三峯
神木松。圍一丈二尺、(新編相模国風土記稿より)

神奈川県神社誌による今里正八幡宮の由緒

創立は不詳であるが、神社の宝物として延宝九年(一六八一)に金幣を献上した山本六之蒸吉家のものであったが、後に至り今里村の総鎮守となる。(山本六之蒸吉家は相州高座郡渋谷庄の長であった)(神奈川県神社誌より)


今里正八幡宮の周辺図