常圓山海寳寺。平塚市幸町にある浄土宗寺院

猫の足あとによる神奈川県寺社案内

常圓山海寳寺。室町時代創建

海寳寺の概要

浄土宗寺院の海寳寺は、常圓山智光院と号します。海寳寺は、天正7年(1579)に創建、城蓮社厳譽貞雲(慶長19年1614寂)が開山したといいます。明治維新後の明治7年には須賀小学校として供用されていました。

海寳寺
海寳寺の概要
山号 常圓山
院号 智光院
寺号 海寳寺
本尊 阿弥陀如来像
住所 平塚市幸町26-21
宗派 浄土宗
葬儀・墓地 -
備考 -



海寳寺の縁起

海寳寺は、天正7年(1579)に創建、城蓮社厳譽貞雲(慶長19年1614寂)が開山したといいます。

新編相模国風土記稿による海寳寺の縁起

(須賀村)
海寶寺
常圓山智光院と號す浄土宗(京知恩院末)、天正七年起立、開山貞雲(城蓮社厳譽、慶長十九年十一月六日卒、)本尊阿彌陀(聖徳太子作、長三尺、脇士は、惠心作と云、)
鐘樓。天明元年の鑄鐘を掛、
天満宮稲荷合社
觀音堂
地蔵堂(新編相模国風土記稿より)


海寳寺の周辺図


参考資料

  • 新編相模国風土記稿