妙覚寺。小田原市風祭にある日蓮宗寺院

猫の足あとによる神奈川県寺社案内

妙覚寺。日蓮上人の弟子日辨上人が当寺へ寄宿した際に日蓮宗となった寺院

妙覚寺の概要

日蓮宗寺院の妙覚寺は、玉山と号します。妙覚寺の創建年代は不詳ですが、当所真言宗寺院として創建、日蓮上人の弟子日辨上人が当寺へ寄宿した際に、当寺住職林覚が宗法に感服して日意と改め、日蓮宗に改めたといいます。当初日辨上人を開祖としたものの、その後日忍上人(文永5年1268年卒)を開山としたといいます。

妙覚寺
妙覚寺の概要
山号 玉山
院号 -
寺号 妙覚寺
本尊 三寳諸尊
住所 小田原市風祭482
宗派 日蓮宗
葬儀・墓地 -
備考 -



妙覚寺の縁起

妙覚寺の創建年代は不詳ですが、当所真言宗寺院として創建、日蓮上人の弟子日辨上人が当寺へ寄宿した際に、当寺住職林覚が宗法に感服して日意と改め、日蓮宗に改めたといいます。当初日辨上人を開祖としたものの、その後日忍上人(文永5年1268年卒)を開山としたといいます。

新編相模国風土記稿による妙覚寺の縁起

(風祭村)妙覚寺
玉山と號す、法華宗、下総國中山法華経寺末。開山日忍、上野阿闍梨と號す、文永五年六月九日卒。寺傳に古は真言宗なり、現住林覚の時、文永五年日蓮の弟子日辨寓宿す、覺其宗法を感喜し、直に其門に入、名を日意と改。即日辨を延て改宗の開祖とす。然るに後年日辨宗門の内他派に入しを以て、其法弟日忍を以て開山に定しと云。本尊宗法の諸佛を安ず。
稲荷社。(新編相模国風土記稿より)


妙覚寺の周辺図


参考資料

  • 新編相模国風土記稿