油平八幡社|あきる野市油平の神社

猫の足あとによる多摩地区寺社案内

油平八幡社|市指定文化財の「油平ばやし」、旧村社

油平八幡社の概要

油平八幡社は、あきる野市油平にある神社です。油平八幡社の創建年代等は不詳ながら、慶長13年(1608)銘と思われる棟札があったと新編武蔵風土記稿に記載されており、寛永18年(1641)に作成された検地図には当地に八幡社が記載され、江戸時代初期には鎮座していたといいます。明治2年(1869)八幡社と改号、村社に列格していました。

油平八幡社
油平八幡社の概要
社号 八幡社
祭神 誉田別天皇
相殿 -
境内社 天照皇大神宮、稲荷神社、八雲神社、鹿島神社、浅間神社
住所 あきる野市油平639
祭日 9月第三日曜日
備考 -



油平八幡社の由緒

油平八幡社の創建年代等は不詳ながら、慶長13年(1608)銘と思われる棟札があったと新編武蔵風土記稿に記載されており、寛永18年(1641)に作成された検地図には当地に八幡社が記載され、江戸時代初期には鎮座していたといいます。明治2年(1869)八幡社と改号、村社に列格していました。

東京都神社名鑑による油平八幡社の由緒

創立起源不詳。慶長十三年(一六〇八)の説があり、旧八幡宮と称し、明治二年八幡社と改替した。 『新編武蔵国風土記稿』に記載されている慶長年間(一五九六-一六一五)の棟札は現在紛失している。(東京都神社名鑑より)

「秋川市史」による油平八幡社の由緒

八幡社 油平二五五番地
油平の鎮守である。創立年代は未詳であるが、『新編武蔵風土記稿』には「社頭に古棟札あり、裏に年号を録して慶口十三年とあり、慶下の一字剥落して見えず、恐らく慶長ならんか」としている。この棟札は、現在紛失していて確められないが、慶長十三年(一六〇一)とすれば、十七世紀には社殿が作られていたことになる。現本肢は昭和四十二年(一九六七)油平在住の宮大工瀬沼伊三郎氏の手になるものである。
御祭神は誉田別天皇である。明治二年(一八六九)八幡社と改めた。もとの社格は村社である。
文化財に市指定(昭和四十九年三月十三日)の「油平ばやし」(神田くずし)がある。明治初期に日の出町平井の谷の入から「常さん」という笛の名人が、油平に養子に来て、はやしをつくったといわれている。(「秋川市史」より)

境内掲示による油平八幡社の由緒

油平の鎮守である。創立年代は未詳であるが、『新編武蔵風土記稿』には「社頭に古棟札あり、裏に年号を録して慶口十三年とあり、慶下の一字剥落して見えず、恐らく慶長ならんか」と記している。
慶長十三年(1608)とすれば17世紀には社殿が作られていたことになる。現本殿の覆舎及び拝殿は昭和四十五年(1970)油平在住の宮大工瀬沼伊三郎氏の手になるものである。
元八幡宮と称し、明治二年(1869)の神社令により社格は村社となり、八幡社と改めた。
油平村の歴史をひも解くと「新編武蔵風土記稿」旧家の項に「・・・百姓八左右衛門氏を中村という、小田原北条の家人中村但馬守の子孫なりと伝ふ、但馬守は天正十八年(1590)初めて当村に土着せるよし、・・・」とある。八王子城落城後、後北条滅亡の年に油平村は中村氏及びその一族によって拓かれた。その後、十数年の歳月を経て八幡宮の社殿が棟上げされたわけである。
寛永十八年(1641)の油平村検地の頃に作成された村景観図によれば、八幡宮は油平と牛沼の境、南の大道沿い(現在の油平二百六十二番地周辺)にあったが、同十八年の検地図には現在地に八幡宮が記載されている。恐らく神が鎮座するに最もふさわしい村の神聖な丘の上に奉遷したもの、と思われる。
その後、寛文九年(1669)社殿の新築がなされ、宝永七年(1710)社殿の修復及び鳥居の建立に際しては村民あげての寄進が棟札に記載されている。
ここに四百年余の長き間、社殿の幾多の改築や修復、鳥居の建立、石灯籠の寄進、神楽堂建立(後年、倒木で破壊され残されていない)、八幡宮の幟、石段の設置等、開村当初僅か十二軒の集落で明治初期の記録でも二十数軒しかない小さな村でありながら、村民達は八幡社を敬神祟祖への心を以って守り続けてきたのである。私達は郷土の先人達の功績を偲び、郷土の歴史への認識を高め、次世代に伝承していくことこそが与えられた使命と信じるがゆえに、ここに由緒・歴史を記するものである。
油平八幡社奉賛会(境内掲示より)

新編武蔵風土記稿による油平八幡社の由緒

(油平村)
八幡社
社地除、一段四畝、村の中ほどにあり、小社にして、覆屋一間半に二間、南向、丘上にありて、凡三十七級の石坂あり、例祭年々八月十五日、社頭に古棟札あり、裏に年號を録して慶□十三年とあり、慶下の一字剥落して見えず、恐く慶長ならんか、此棟札に據れば當村も秋留郷の唱ありしは古きこと知らる、
末社稲荷(新編武蔵風土記稿より)


油平八幡社所蔵の文化財

  • 「油平ばやし」(神田くずし)(あきる野市指定文化財)

油平八幡社の周辺図

参考資料

  • 新編武蔵風土記稿
  • 「秋川市史」
  • 東京都神社名鑑