猫の足あとによるあきる野市・東京都・首都圏の寺院、神社など寺社案内

猫の足あとによる多摩地区寺社案内

小川熊野神社|あきる野市小川の神社

小川熊野神社の概要

小川熊野神社は、あきる野市小川にある神社です。小川熊野神社の創建年代等は不詳ながら、宝永5年(1708)修復、寛政6年(1794)再建の棟札が残されているといいます。

小川熊野神社
小川熊野神社の概要
社号 熊野神社
祭神 伊邪那美神、速玉之男神
相殿 事解之男神
境内社 八雲神社
住所 あきる野市小川639
祭日 9月29日
備考 -



小川熊野神社の由緒

小川熊野神社の創建年代等は不詳ながら、宝永5年(1708)修復、寛政6年(1794)再建の棟札が残されているといいます。

東京都神社名鑑による小川熊野神社の由緒

創建年代不詳。宝永五年(一七〇八)九月修復、寛政六年(一七九四)九月、再建したことは本社棟札によって知れる。もと熊野三社大権現と称したが、明治二年神仏分離令により熊野神社と改称した。(東京都神社名鑑より)

「秋川市史」による小川熊野神社の由緒

熊野神社 小川六三九番地
創建の年代は明らかでない。宝永五年(一七〇八)に社殿を修復、寛政六年(一七九四)九月に、再建されていることは、棟札によって知られる。
紀州熊野の熊野三社を勧請したので、昔は熊野三社大権現とよんでいた。江戸時代は九畝二一歩(約九アール)の除地をもっていたのである。
御祭神は伊邪那美神・速玉之男命・事解之男神の三神である。
明治二年(一八六九)社名を熊野神社と改めた。同六年(一八七三)村社となる。俗社号は「おくまんさま」という。
例祭日は九月二十九日である。(「秋川市史」より)

新編武蔵風土記稿による小川熊野神社の由緒

(小川村)熊野社
除地、九畝十二歩、村の中央にあり、小祠なり、上屋二間に三間あり、南向、前に鳥居あり、本地は阿彌陀、薬師、観音の三軀にして、本社は二ノ宮村の玉泉寺の持なり。(新編武蔵風土記稿より)


小川熊野神社の周辺図

参考資料
  • 新編武蔵風土記稿
  • 「秋川市史」
  • 東京都神社名鑑