横沢愛宕神社|あきる野市横沢の神社

猫の足あとによる多摩地区寺社案内

横沢愛宕神社|横沢村の鎮守、旧村社

横沢愛宕神社の概要

横沢愛宕神社は、あきる野市横沢にある神社です。横沢愛宕神社の創建年代等は不詳ながら、横沢村の鎮守として祀られ、明治維新後は村社に列格してしました。

横沢愛宕神社
横沢愛宕神社の概要
社号 愛宕神社
祭神 軒遇突智命
相殿 -
境内社 -
住所 あきる野市横沢127
祭日 例祭9月13日
備考 -



横沢愛宕神社の由緒

横沢愛宕神社の創建年代等は不詳ながら、横沢村の鎮守として祀られ、明治維新後は村社に列格してしました。

東京都神社名鑑による横沢愛宕神社の由緒

旧横沢村の鎮守。創立起源不詳。もと愛宕大権現と称し、明治二年現社号に改めた。(東京都神社名鑑より)

「五日市町史」による横沢愛宕神社の由緒

愛宕神社
旧横沢村鎮守、横沢一二七番地に鎮座する。祭神は軒遇突智命(火神)で、創立は不詳である。古くは愛宕大権現と称したが、明治二年に社号を現在に改替した。例祭日は九月十三日。境内地は二〇〇坪、旧社格は村社である。(「五日市町史」より)

新編武蔵風土記稿による横沢愛宕神社の由緒

(横澤村)
愛宕社
除地、四畝、村の東南よりにあり、小社、東福院の持なり、(新編武蔵風土記稿より)


横沢愛宕神社の周辺図

参考資料

  • 新編武蔵風土記稿
  • 「五日市町史」
  • 東京都神社名鑑