正光寺|あきる野市舘谷にある時宗寺院

猫の足あとによる多摩地区寺社案内

金玉山正光寺|武蔵五日市七福神の弁財天

正光寺の概要

時宗寺院の正光寺は、金玉山と号します。正光寺の創建年代等は不詳ながら、江戸幕府が編纂した新編武蔵風土記稿に記載され、16石5斗の除地を有し、あきる野市域唯一の時宗寺院です。武蔵五日市七福神の弁財天です。

正光寺
正光寺の概要
山号 金玉山
院号 -
寺号 正光寺
住所 あきる野市舘谷84
宗派 時宗
葬儀・墓地 -
備考 -



正光寺の縁起

正光寺の創建年代等は不詳ながら、江戸幕府が編纂した新編武蔵風土記稿に記載され、16石5斗の除地を有し、あきる野市域唯一の時宗寺院です。

新編武蔵風土記稿による正光寺の縁起

(舘谷村)
正光寺
除地、十六石五斗、村の東の方にあり、時宗にて同郡川口村法蓮寺末、金玉山と號す、本堂六間に五間東に向ふ、本尊三尊の彌陀を安ず、木の立像にて長二尺三寸ばかり、脇士觀音勢至共に木の立像にて、長は中尊より少しくひくし、開山開基詳ならず、
熊野社。本堂の左にあり、小祠、
白山社。石の祠なり、(新編武蔵風土記稿より)

「五日市町史」による正光寺の縁起

正光寺
(館谷八四)本町唯一の宗派時宗に属する。金玉山と号し八王子在川口村法蓮寺末であったが、現在は藤沢遊行寺が本山である。本尊として阿弥陀三尊を祀る。(「五日市町史」より)


いいお墓

正光寺の周辺図

参考資料

  • 新編武蔵風土記稿
  • 「五日市町史」