猫の足あとによる東村山市・清瀬市の寺院、神社など東村山市・清瀬市の寺社案内 猫の足あとによる東村山市・清瀬市の寺院、神社など東村山市・清瀬市の寺社案内
猫の足あと

下宿八幡神社|清瀬市下宿の神社

下宿八幡神社の概要

下宿八幡神社は、清瀬市下宿にある神社です。下宿八幡神社は、新田義輔が暦応年中(1338-1342)に創建したと伝えられ、清戸下宿の鎮守だったといい、明治6年村社に列格していたといいます。

八幡神社
下宿八幡神社の概要
社号 八幡神社
祭神 応神天皇
相殿 -
境内社 -
住所 清瀬市下宿2-515
祭日 4月23日
備考 -



下宿八幡神社の由緒

下宿八幡神社は、新田義輔が暦応年中(1338-1342)に創建したと伝えられ、清戸下宿の鎮守だったといい、明治6年村社に列格していたといいます。

新編武蔵風土記稿による下宿八幡神社の由緒

(清戸下宿)八幡宮
除地、五十間に十五間、字岡にあり、社五尺に三尺、上屋二間四方南に向ふ、拝殿三間半に二間半、前に鳥居をたつ、例祭三月・八月共に十五日を用ゆ、當村の鎮守、圓通寺の持。(新編武蔵風土記稿より)

北多摩神社誌による下宿八幡神社の由緒

暦応年中新田義輔の創建と伝わる。明治六年五月村社に列せられる。(北多摩神社誌より)

東京都神社名鑑による下宿八幡神社の由緒

暦応年中(一三三八-四二)新田義輔の創業と伝わる。下宿の守護神として崇敬されている。(東京都神社名鑑より)


下宿八幡神社所蔵の文化財

  • 下宿八幡神社のケヤキ(清瀬市指定天然記念物)

下宿八幡神社の周辺図

参考資料
  • 新編武蔵風土記稿
  • 北多摩神社誌(北多摩神道青年会むらさき会)
  • 東京都神社名鑑