久米川阿弥陀堂|東村山市久米川町にある曹洞宗堂宇

猫の足あとによる多摩地区寺社案内

久米川阿弥陀堂|天明三年銘の阿弥陀如来像

久米川阿弥陀堂の概要

久米川阿弥陀堂は、東村山市久米川町にある阿弥陀堂です。久米川阿弥陀堂の創建年代等は不詳ながら、阿弥陀如来像の銘に「天明三年(1783)」とあることから、江戸時代中期には堂守がいたのではないかといいます。

久米川阿弥陀堂
久米川阿弥陀堂の概要
山号 成田山
院号 -
寺号 阿弥陀堂
住所 東村山市久米川町5-7-23
本尊 阿弥陀如来像
宗派 曹洞宗
葬儀・墓地 -
備考 -



久米川阿弥陀堂の縁起

久米川阿弥陀堂の創建年代等は不詳ながら、阿弥陀如来像の銘に「天明三年(1783)」とあることから、江戸時代中期には堂守がいたのではないかといいます。

「東村山市史」による久米川阿弥陀堂の縁起

阿弥陀堂
久米川町五丁目。入り口両側に三体ずつ六地蔵が並んでいる。
堂内に祀られている阿弥陀如来像の光背には「願主 佐渡嶋住 出山浄栄菴住・・・」「天明三年癸卯七月吉日」とあり、『新編武蔵風土記』には記載がみられないが、江戸時代中ごろには、この堂を守っていた行者がいたものと思われる。(「東村山市史」より)


いいお墓

久米川阿弥陀堂の周辺図

参考資料

  • 「ひがしむらやま文化財風土記」