久米川不動堂|東村山市久米川町にある曹洞宗堂宇

猫の足あとによる多摩地区寺社案内

久米川不動堂|梅岩寺住職が明治9年に創建

久米川不動堂の概要

曹洞宗堂宇の久米川不動堂は、成田山と号します。久米川不動堂は、梅岩寺住職が病気平癒の後に不動尊を寄進し、明治9年(1876)に創建したといいます。

久米川不動堂
久米川不動堂の概要
山号 成田山
院号 -
寺号 不動堂
住所 東村山市久米川町4-44
本尊 不動明王像
宗派 曹洞宗
葬儀・墓地 -
備考 -



久米川不動堂の縁起

久米川不動堂は、梅岩寺住職が病気平癒の後に不動尊を寄進し、明治9年(1876)に創建したといいます。

「ひがしむらやま文化財風土記」による久米川不動堂の縁起

所沢方面へ向かう府中街道沿いにある不動堂は、「天王森の不動さま」と呼称されて親しまれている。毎月二十八日には不動講が催され近隣の人々が集会する。
当堂は、地内に建てられている不動尊建立百年記念碑によって、明治九年(一八七六)十一月吉日の建立とされる。本尊は不動三尊像。この像は梅岩寺住職の所有であったが、病気が平癒した際に天王森と称される地域の人たちに寄進され、それを期に不動堂建立の運びになったという。(「ひがしむらやま文化財風土記」より)


いいお墓

久米川不動堂の周辺図

参考資料

  • 「ひがしむらやま文化財風土記」