福生観音堂|福生市福生にある寺院

猫の足あとによる多摩地区寺社案内

福生観音堂|旧真言宗寺院寶蔵院地

福生観音堂の概要

寺院の福生観音堂は、福生市福生の宮本橋前にある観音堂です。福生観音堂の創建年代等は不詳ながら、江戸期には真言宗寺院寶蔵院だったといいます。明治維新に際して住職が神道に復職、廃寺となり、観音堂のみ残されたといいます。

福生観音堂
福生観音堂の概要
山号 -
院号 -
寺号 -
住所 福生市福生
宗派 -
葬儀・墓地 -
備考 私有地



福生観音堂の縁起

福生観音堂の創建年代等は不詳ながら、江戸期には真言宗寺院寶蔵院だったといいます。明治維新に際して住職が神道に復職、廃寺となり、観音堂のみ残されたといいます。

「西多摩郡村誌」による福生観音堂の縁起

福生村誌
寶蔵院廃跡
所在 村ノ中央、字奈賀
現状 千百七十九番ノ宅地。村民宮本豊樹所有地。
雑 舊新義眞言宗本郡大久野村西福寺末派。明治己巳六月、當時住職憲法道、韮山縣廳允許ヲ得テ復職、宮本豊恭ト改稱、神官トナル。然メ地從前租税上納ノ地ナリ。(「西多摩郡村誌」より)

新編武蔵風土記稿による福生観音堂の縁起

(福生村)
寳蔵院
除地、二段五畝、明王山と號、新義真言宗、當郡大久野村西福寺末、本堂八間に六間、本尊不動、木の立像にて、長二尺五寸、開基は詳ならず。(新編武蔵風土記稿より)


福生観音堂の周辺図

参考資料

  • 新編武蔵風土記稿
  • 「西多摩郡村誌」