猫の足あとによる八王子市の寺院、神社など八王子市の寺社案内 猫の足あとによる八王子市の寺院、神社など八王子市の寺社案内
猫の足あと

長房日光神社|八王子市長房町の神社

長房日光神社の概要

長房日光神社は、八王子市長房町にある神社です。長房日光神社の創建年代等は不詳ながら、鈴木九大夫正三(明暦元年1655年卒)が、葵紋の太刀を御神体として社殿を造営したといいます。

長房日光神社
長房日光神社の概要
社号 日光神社
祭神 徳川家康公
相殿 -
境内社 山王権現社、茂沢神社、天神社
住所 八王子市長房町1305
祭日 4月29日
備考 -



長房日光神社の由緒

長房日光神社の創建年代等は不詳ながら、鈴木九大夫正三(明暦元年1655年卒)が、葵紋の太刀を御神体として社殿を造営したといいます。

新編武蔵風土記稿による長房日光神社の由緒

(下長房村)日光権現社
除地、一段十三歩、村の中程にあり、小社にて上屋をたつ、勧請の年月は詳にせず、里人は天正年中鈴木九大夫正三が遥拝の爲に遷し祭ると云り、この説大いにあやまれり、元和の後のことなるは論なし、されど正三は明暦元年に卒せし人なれば、その年代はをしてしるべし、社地に椎の大木七八株あり、例祭は九月十七日、寶蔵寺の持。
末社。天満宮、小社西向、本社の西に在、(新編武蔵風土記稿より)

東京都神社名鑑による長房日光神社の由緒

創建の年代は詳らかではない。江戸初期鈴木九太夫葵紋の太刀を御神体として社殿造営し、日光権現社として奉斎したとの伝承がある。寛文七年(一六六七)検地の時、除地畑一反十三歩があった。(東京都神社名鑑より)


長房日光神社の周辺図

参考資料
  • 新編武蔵風土記稿
  • 東京都神社名鑑