黒沼田天神社|八王子市上恩方町の神社

猫の足あとによる多摩地区寺社案内

黒沼田天神社|新田義重の子孫岩村藤三郎家時が創建

黒沼田天神社の概要

黒沼田天神社は、八王子市上恩方町にある神社です。黒沼田天神社は、新田義重の子孫岩村藤三郎家時が当地へ逃れ来て文明2年(1470)当地の山上に創建、文化元年(1804)当地へ奉遷したといいます。

黒沼田天神社
黒沼田天神社の概要
社号 天神社
祭神 菅原道真公
相殿 -
境内社 -
住所 八王子市上恩方町884
祭日 3月25日
備考 -



黒沼田天神社の由緒

黒沼田天神社は、新田義重の子孫岩村藤三郎家時が当地へ逃れ来て文明2年(1470)当地の山上に創建、文化元年(1804)当地へ奉遷したといいます。

新編武蔵風土記稿による黒沼田天神社の由緒

(上恩方村)天神社
除地、千坪、小名黒沼田にあり、神體は束帶の坐像なり、長八寸許、覆屋二間に三間、内に小祠を置く、南向なり、石階三十二級を設く、村民の持なり、
末社
稲荷山神祠。本社に向ひて左の方にあり、
疱瘡神祠。本社に向て右の方にあり(新編武蔵風土記稿より)

東京都神社名鑑による黒沼田天神社の由緒

上野国寺尾城主新田義重より十代目の岩村藤三郎家時、応仁の時代に足利の権勢を逃がれてきて、文明二年(一四七〇)三月に山上に創建。のち文化元年(一八〇四)今の地に奉遷した。(東京都神社名鑑より)


黒沼田天神社の周辺図

参考資料

  • 新編武蔵風土記稿
  • 東京都神社名鑑