龍生寺阿弥陀堂|八王子市堀之内にある寺院

猫の足あとによる多摩地区寺社案内

龍生寺阿弥陀堂|片倉城主家の出身の禅東海巌禅林創建

龍生寺阿弥陀堂の概要

寺院の龍生寺阿弥陀堂は、と号します。龍生寺阿弥陀堂の創建年代等は不詳ながら、村民鈴木与五兵衛氏が寛政年間(1789-1800)に鐘楼・石地蔵・宝篋印塔・神明社の諸堂宇を建立、阿弥陀堂と号していました。寺号の龍生寺については、いつより公称(私称)したのか不詳です。

龍生寺阿弥陀堂
龍生寺阿弥陀堂の概要
山号
院号 -
寺号 -
住所 八王子市堀之内618
宗派
葬儀・墓地 -
備考 -



龍生寺阿弥陀堂の縁起

龍生寺阿弥陀堂の創建年代等は不詳ながら、村民鈴木与五兵衛氏が寛政年間(1789-1800)に鐘楼・石地蔵・宝篋印塔・神明社の諸堂宇を建立、阿弥陀堂と号していました。寺号の龍生寺については、いつより公称(私称)したのか不詳です。

新編武蔵風土記稿による龍生寺阿弥陀堂の縁起

(堀ノ内村)阿彌陀堂
これも寺澤にあり、起立の由及び年代をしらず、二間四方にて西向の堂なり、彌陀は長二尺餘の坐像なり。
鐘楼。七尺四方、鐘径一尺六寸六分、寛政十二年村民與五兵衛建立せり。
石地蔵三十軀。堂の廻りにあり、これも同人の建立する所なり。
寶篋塔。高さ一丈五尺、これも村民與五兵衛が建る所なり。
神明社。わづかなる社なり、これも同人の勧請せる所なり、前に石階ありて、その下に鳥居をたつ社の側に天王三峯の小社あり。(新編武蔵風土記稿より)


いいお墓

龍生寺阿弥陀堂所蔵の文化財

  • 龍生寺阿弥陀堂の宝篋印塔(八王子氏指定有形文化財)

新編武蔵風土記稿による龍生寺阿弥陀堂の縁起

この宝篋印塔は、寛政年間(一七八九〜一八〇〇)阿弥陀堂建立者鈴木与五兵によって建立されたものである。
高さ三m余、形の良く整った代表的な塔である。
宝篋印塔は唐の沙門三蔵(中国の密教を大成させた僧)の訳による「一切如来心秘全身舎利宝篋印陀羅尼経」の教えの中から出た名称である。(八王子市教育委員会掲示より)

龍生寺阿弥陀堂の周辺図

参考資料

  • 新編武蔵風土記稿
  • 八王子市史