法専寺|三鷹市上連雀にある真宗大谷派寺院

猫の足あとによる多摩地区寺社案内

三鷹山法専寺|常陸法専寺の説教所として昭和8年に開設

法専寺の概要

真宗大谷派寺院の法専寺は、三鷹山と号します。法専寺は、常陸法専寺の説教所として昭和8年に開設、昭和28年法専寺として宗教法人登記したといいます。

法専寺
法専寺の概要
山号 三鷹山
院号 -
寺号 法専寺
宗派 真宗大谷派
住所 三鷹市上連雀2-5-13
葬儀・墓地 法専寺同朋会館・信徒会館
備考 -



法専寺の縁起

法専寺は、常陸法専寺の説教所として昭和8年に開設、昭和28年法専寺として宗教法人登記したといいます。

「三鷹市史」による法専寺の縁起

法専寺(上連雀2-5-13)
三鷹山法専寺、浄土真宗大谷派。本尊阿弥陀如来。昭和8年4月常陸法専寺の説教所(法専寺説教所)として開設。戦後、昭和28年法専寺として登録(「東京都宗教法人名簿)。昭和51年10月新本堂を落慶、翌52年2月同朋会館を落成する。(「三鷹市史」より)


法専寺の周辺図

参考資料

  • 「三鷹市史」