猫の足あとによる青梅市の寺院、神社など青梅市の寺社案内 猫の足あとによる青梅市の寺院、神社など青梅市の寺社案内
猫の足あと

檜原神社|青梅市黒沢の神社

檜原神社の概要

檜原神社は、青梅市黒沢にある神社です。檜原神社は、新田氏の一族、柳内土佐守源家貞が正平年間(1346-1370)に勧請したといいます。寛文11年に社殿を再建、明治6年村社に列格したといいます。

檜原神社
檜原神社の概要
社号 檜原神社
祭神 大己貴命
相殿 -
境内社 八坂神社、稲荷神社
住所 青梅市黒沢2-820
祭日 9月19日
備考 -



檜原神社の由緒

檜原神社は、新田氏の一族、柳内土佐守源家貞が正平年間(1346-1370)に勧請したといいます。寛文11年に社殿を再建、明治6年村社に列格したといいます。

新編武蔵風土記稿による檜原神社の由緒

(黒澤村)
檜原明神社
除地一段六畝十二歩、往還より北小名峯にあり、小社上屋をまふく、二間四方、神體鋒石長三尺めぐり一尺三寸許、例祭九月十五日、神主は入間郡北野村天神神主栗原左衛門が配下、宮崎左近といふ。(新編武蔵風土記稿より)

東京都神社名鑑による檜原神社の由緒

もと檜原大明神と称した。正平年間(一三四六-七〇)新田氏の一族、柳内土佐守源家貞が勧請したという。のち寛文一一年(一六七一)社殿を再建している。明治三年社号を改称した。(東京都神社名鑑より)

「青梅市史」による檜原神社の由緒

檜原神社
黒沢(現・黒沢二丁目)に鎮座する。祭神は大己貴命を祀る。例祭は九月十九日である。創建は正平年間(一三四六~一三六九)新田氏の一族、柳内土佐守源家貞が勧請したと伝える。当時は檜原大明神と称した。寛文十一年(一六七一)社殿を再建、明治三年、現在の社号に改称し、同六年、村社に列格した。社宝に鉾石(三尺)がある。境内面積は二五五・九六坪(八四五平方メートル)である。(「青梅市史」より)


檜原神社の周辺図

参考資料
  • 新編武蔵風土記稿
  • 東京都神社名鑑
  • 青梅市史