猫の足あとによる青梅市の寺院、神社など青梅市の寺社案内 猫の足あとによる青梅市の寺院、神社など青梅市の寺社案内
猫の足あと

拂澤熊野神社|青梅市御岳の神社

拂澤熊野神社の概要

拂澤熊野神社は、青梅市御岳にある神社です。拂澤熊野神社は、濱竹熊野神社を分祀して寛文12年(1672)に創建したといいます。

拂澤熊野神社
拂澤熊野神社の概要
社号 熊野神社
祭神 伊弉那美命、速玉之男命、事解之男命
相殿 -
境内社 八雲神社、箱根神社、稲荷神社、山神社
住所 青梅市御岳1-122
祭日 3月20日
備考 -



拂澤熊野神社の由緒

拂澤熊野神社は、濱竹熊野神社を分祀して寛文12年(1672)に創建したといいます。

新編武蔵風土記稿による拂澤熊野神社の由緒

(端村中野村)熊野社
年貢地、村の東小名拂澤の南方なる山下にあり、是は濱竹に立る社を勧請せしと云、小社なり、例祭は前に同じ。(新編武蔵風土記稿より)

東京都神社名鑑による拂澤熊野神社の由緒

もと熊野権現と称し、寛文十二年(一六七二)中野鎮座の熊野神社の分祀。嘉永四年(一八五一)二月、社殿を再建し、明治三年現社号に改めた。(東京都神社名鑑より)

「青梅市史」による拂澤熊野神社の由緒

御岳中野(現・御岳一丁目)に鎮座する。祭神は伊弊郡美命、速玉之男命、事解之男命で、例祭は三月二十日である。創建は天文年間(一五三二~一五五四)と伝えられ、社伝によると三田氏の家臣洪竹五郎の居住地であったが、五郎縁の本宮、新宮、那智、三山の神をこの地に勧請し、本山修験であった宮本家に奉仕させたという。寛政五年(一七九三)八月社殿を再建し、慶応四年(明治元年一八六八)九月宮本右善の代に神祇道によって奉仕。明治六年、村社に列格し、同二十八年に社名を改称した。同四十四年、拝殿を新築した。境内面積は一八七坪(六一七平方㍍)である。(「青梅市史」より)


拂澤熊野神社の周辺図

参考資料
  • 新編武蔵風土記稿
  • 東京都神社名鑑
  • 「青梅市史」