猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内 猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内
猫の足あと

塩谷寺。横浜市港北区高田西にある天台宗寺院

塩谷寺の概要

天台宗寺院の塩谷寺は、薬王山光明院と号します。塩谷寺は、慈覚大師が開山となり創建したといいます。准秩父三十四観音霊場28番・29番、多摩七薬師霊場1番、稲毛七薬師1番です。

塩谷寺
塩谷寺の概要
山号 薬王山
院号 光明院
寺号 塩谷寺
住所 横浜市港北区高田西4-34-35
宗派 天台宗
葬儀・墓地 -
備考 -



塩谷寺の縁起

塩谷寺は、慈覚大師が開山となり創建したといいます。

新編武蔵風土記稿による塩谷寺の縁起

(高田村)鹽谷寺
境内一段一畝、御朱印地の内、村の西にあり、天台宗、橘樹郡駒林村金蔵院末、薬王山と稱し、光明院と號す、客殿八間に六間南向なり、本尊馬頭観音長二尺許、古物なれども其作を傳へず、開山は慈覚大師なりと云、起立の年歴を失せり、本堂元は西の方今の二王門の前にありしを、後ここに移せりとぞ、慶安二年始て高五石四斗餘の寺領を賜はれり。
二王門。石像の二王長各二尺許、門内に高さ三間餘の石階あり。
薬師堂。二間四方南向なり、客殿の西の方丘上にあり、薬師は長一尺餘の坐像也。
白山社。同く丘上にあり、境内の鎮守なり。(新編武蔵風土記稿より)


塩谷寺の周辺図


大きな地図で見る
参考資料