猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内 猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内
猫の足あと

林光寺。横浜市緑区鴨居にある高野山真言宗寺院

林光寺の概要

高野山真言宗寺院の林光寺は、鴨居山明王院と号します。林光寺は、義慶が宝徳元年(1449)に開創、誓順(寛永2年1625年寂)が慶長年間(1596)に開山したといいます。江戸期には本尊不動明王への寄進として寺領5石の御朱印状を拝領していました。関東八十八カ所霊場66番、相寅歳薬師如来霊場7番です。

林光寺
林光寺の概要
山号 鴨居山
院号 明王院
寺号 林光寺
本尊 不動明王像
住所 横浜市緑区鴨居2-4-1
宗派 高野山真言宗
葬儀・墓地 -
備考 -



林光寺の縁起

林光寺は、義慶が宝徳元年(1449)に開創、誓順(寛永2年1625年寂)が慶長年間(1596)に開山したといいます。江戸期には本尊不動明王への寄進として寺領5石の御朱印状を拝領していました。

新編武蔵風土記稿による林光寺の縁起

(鴨居村)林光寺
境内御朱印地内、村の東にあり、古義真言宗、橘樹郡鳥山村三會寺末、鴨居山明王院と號す、不動堂領として五石の御朱印をたまへり、客殿五間に六間西向なり、本尊立像にて長一尺五寸許なるを置、開山は誓順と云、寛永二年正月二日示寂す。
辨天社。客殿に向て右の方にあり、一間に一間半北向なり、神體は宇賀神にて、高二尺許。
古碑一基。境内墓所にあり、延應元年十一月六日と刻せり。(新編武蔵風土記稿より)


林光寺の周辺図


参考資料