猫の足あとによる栄区・横浜市・首都圏の寺院、神社など寺社案内

猫の足あとによる横浜市寺社案内

臺龍山長谷寺。横浜市栄区長尾台町にある臨済宗建長寺派寺院

長谷寺の概要

臨済宗建長寺派寺院の長谷寺は、臺龍山と号します。長谷寺の創建年代などは不詳ながら、鎌倉建長寺の敕諡大覚禅師が開創、その後千竜開山天助祐景(文明13年寂)が再興したといいます。

長谷寺
長谷寺の概要
山号 臺龍山
院号
寺号 長谷寺
本尊 聖観世音菩薩像
住所 横浜市栄区長尾台町235
宗派 臨済宗建長寺派
葬儀・墓地 -
備考 -



長谷寺の縁起

長谷寺の創建年代などは不詳ながら、鎌倉建長寺の敕諡大覚禅師が開創、その後千竜開山天助祐景(文明13年寂)が再興したといいます。

新編相模国風土記稿による長谷寺の縁起

(長尾臺村)
長谷寺
臺瀧山と號す、臨済宗(鎌倉建長寺末)本尊観音を安ず、開山は祐景と云ふ(文明十三年九月二十七日寂す、)(新編相模国風土記稿より)

「戸塚区郷土史」による長谷寺の縁起

長谷寺(長尾台町二三五番地)臨済宗
台竜山と号し、鎌倉建長寺末で、本尊に聖観世音菩薩を安置している。初め建長寺の敕諡大覚禅師が開創した寺院であったが、荒廃していたのを千竜開山天助祐景(文明十三年九月二十七日寂)が再興、更にその後三百年来の無住寺であったのを再興し、印宗(文化七年寂)が中興したという。(「戸塚区郷土史」より)


長谷寺の周辺図