猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内 猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内
猫の足あと

瀬谷神明社|横浜市瀬谷区本郷の神社

瀬谷神明社の概要

瀬谷神明社は、横浜市瀬谷区本郷にある神明社です。瀬谷神明社の創建年代は不詳ですが、旧瀬谷村にあった五社のうちの一社です。

瀬谷神明社
瀬谷神明社の概要
社号 神明社
祭神 天照大神
相殿 -
境内社 稲荷社
住所 横浜市瀬谷区本郷1-58-6
祭日 -
備考 -



瀬谷神明社の由緒

瀬谷神明社の創建年代は不詳ですが、旧瀬谷村にあった五社のうちの一社です。

新編相模国風土記稿による瀬谷神明社の由緒

(瀬谷村)神明宮
以上五社共に村持にて寳蔵寺西福寺の二寺を別当とすと云ふ。(新編相模国風土記稿より)

神奈川県神社誌による瀬谷神明社の由緒

神明社(瀬谷区本郷1−58−6)
創立年代不詳であるが、宝暦十一年八月改築の棟札には「願主青木四郎左衛門、副願主惣氏子申しとある。現社殿は昭和三年旧瀬谷村々費を似て造営され、昭和五十年修築したものである。(神奈川県神社誌より)

瀬谷区役所掲示による瀬谷神明社の由緒

国分寺礎石と忠魂碑
奈良時代の天平13年(741年)相模の国府が海老名にでき、国分寺が建立され、その七堂伽藍の偉容が伝えられています。その堂塔の内の講堂礎石を村有志が、忠魂碑の台石にと望んで大正5年(1916年)運賃諸費合わせ20円でゆずり受けました。忠魂碑には、明治10年(1877年)の西南の役から太平洋戦争までの戦死した兵241柱が刻まれています。昭和25年(1950年)まで瀬谷小学校横に建てられていましたが、その後、事情により徳善寺に移り、さらに平成9年(1997年)4月にこの地に移されました。瀬谷区役所掲示より)


瀬谷神明社所蔵の文化財

  • 国分寺礎石

瀬谷神明社の周辺図


大きな地図で見る