猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内 猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内
猫の足あと

宮の脇鯖社|横浜市泉区下飯田町の神社

宮の脇鯖社の概要

宮の脇鯖社は、横浜市泉区下飯田町にある鯖社で、境川沿いに点在するサバ(左馬)神社の一つです。宮の脇鯖社の創建年代は不詳ですが、当地周辺は飯田城址とも伝えられ、飯田五郎家義の勧請により創建したとも、川上藤兵衛が戦国時代に創建したともいいます。天正18年に当地の領主となった筧助兵衛為春が当社を修復、明治6年には村社に列格したといいます。

宮の脇鯖社
宮の脇鯖社の概要
社号 鯖社
祭神 左馬頭源義朝
相殿 -
境内社 稲荷神社
住所 横浜市泉区下飯田町1389
祭日 例大祭9月18日
備考 -



宮の脇鯖社の由緒

宮の脇鯖社の創建年代は不詳ですが、当地周辺は飯田城址とも伝えられ、飯田五郎家義の勧請により創建したとも、川上藤兵衛が戦国時代に創建したともいいます。天正18年に当地の領主となった筧助兵衛為春が当社を修復、明治6年には村社に列格したといいます。

新編相模国風土記稿による宮の脇鯖社の由緒

(下飯田村)鯖明神社
鎮守とす、東泉寺持。
末社。稲荷。(新編相模国風土記稿より)

神奈川県神社誌による宮の脇鯖社の由緒

創建年月不詳であるが、俚伝には飯田五郎家義の勧請といい、当社地の付近には家義の墓や飯田城址と伝える遺跡を存する。一説には小田原北条時代、川上藤兵衛の勧請ともいう。天正十八年この地を領した寛為春は、当社を下飯田村の鎮守として崇敬、社殿を修復したが、その後文政九年、明治八年、大正十四年にそれぞれ改築が行われた。明治六年十二月には下飯田村の村社に列せられている。(神奈川県神社誌より)


宮の脇鯖社の周辺図


大きな地図で見る