猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内 猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内
猫の足あと

正行寺。横浜市鶴見区駒岡にある浄土宗寺院

正行寺の概要

浄土宗寺院の正行寺は、寶元山と号します。正行寺は、正蓮社行譽順也(慶長6年1602年寂)が、天正4年(1576)に創建したといいます。

正行寺
正行寺の概要
山号 寶元山
院号 -
寺号 正行寺
住所 横浜市鶴見区駒岡3-31-18
宗派 浄土宗
葬儀・墓地 -
備考 -



正行寺の縁起

正行寺は、正蓮社行譽順也(慶長6年1602年寂)が、天正4年(1576)に創建したといいます。

新編武蔵風土記稿による正行寺の縁起

(上駒岡村・中駒岡村・下駒岡村)正行寺
中村の内東によりてあり、浄土宗神奈川宿慶運寺の末、天正四年に順也といへる僧開闢す、この僧は慶長六年六月十日に寂せり、客殿六間に五間半西南に向ふ、本尊彌陀立像長二尺。(新編武蔵風土記稿より)

「横浜市史稿 佛寺編」による正行寺の縁起

正行寺
位置及寺格
正行寺は、寶元山無量院と號し、鶴見區駒岡町一千三百九十二番地に在る。境内は一段三畝二十三步。官有地。神奈川區飯田町慶運寺末で、寺格は能分八等である。
沿革
天正四年、正蓮社行譽順也の草創で、元は同所字堂ノ前に在つたが、いつの頃か今の地に移つたと云ふ。第七世遣譽の代、明曆三年に、本堂を再建し、又元文元年六月、第十二世稱譽の代に、同じく本堂を再建した。今の本堂がそれである。
本尊
本尊は阿彌陀如來木立像、長二尺五寸。で兩脇士は觀音・勢至立像長八寸。である。(「横浜市史稿 佛寺編」より)


正行寺の周辺図

参考資料
  • 新編武蔵風土記稿
  • 「横浜市史稿 佛寺編」