猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内 猫の足あとによる横浜市の寺院、神社など横浜市の寺社案内
猫の足あと

光永寺。横浜市鶴見区汐入町にある曹洞宗寺院

光永寺の概要

曹洞宗寺院の光永寺は、潮田山と号します。光永寺は、今川家の流れを汲む入野将監光興(後に潮田と改姓)の三男純應大和尚(文禄4年1595年寂)が当地に庵を天正4年(1576)に創建、潮田光興の嫡男中務光行の嫡子潮田左馬介光永(天正12年1584年卒)が寺閣を造立し、潮田山光永寺と号したといいます。

光永寺
光永寺の概要
山号 潮田山
院号 -
寺号 光永寺
住所 横浜市鶴見区汐入町2-43-3
宗派 曹洞宗
葬儀・墓地 光永寺檀信徒会館
備考 -



光永寺の縁起

光永寺は、今川家の流れを汲む入野将監光興(後に潮田と改姓)の三男純應大和尚(文禄4年1595年寂)が当地に庵を天正4年(1576)に創建、潮田光興の嫡男中務光行の嫡子潮田左馬介光永(天正12年1584年卒)が寺閣を造立し、潮田山光永寺と号したといいます。

新編武蔵風土記稿による光永寺の縁起

(潮田村)光永寺
字下辻にあり、禅宗曹洞派同郡下末吉村寳泉寺末、潮田山と號す、本尊釈迦坐像にして三寸許、開山は純應と云、此人俗姓は今川氏の末流にして入野将監光興と云人の三男なり、初入野三郎助某と云、父光興の命に依て歳わづか十一歳の時、能登國總持寺(現大本山總持寺)に於て出家し、その後當國へ来り、天正四年四月此所に庵を結び、文禄四年九月十日寂す、光興の嫡男中務光行の嫡子を潮田左馬介光永と云、光興初は入野と名乗しが、後に潮田に改しといへり、これは當所にうつり住て在名を名乗しにや、光永かつて一宇の寺閣を爰に営みしにより、潮田山と號し、光永寺と名づく、この光行は北條左京太夫氏康の旗下に属せし人なるよしいへり、此人永禄十一年正月二十三日卒す、光永の法號を花岳了臺大禅定門と云、天正十二年三月十八日卒せし人なり、父子ともに當寺に位牌を安ぜり、本堂六間半に六間東向なり、門も同じ
薬師堂。境内に入て左にあり、堂二間四方、薬師は立像にして長七寸許、弘法大師の作と云傳へり。(新編武蔵風土記稿より)


光永寺の周辺図


大きな地図で見る