大平台山神神社。足柄下郡箱根町大平台の神社

猫の足あとによる神奈川県寺社案内

大平台山神神社。大平台の鎮守

大平台山神神社の概要

大平台山神神社は、足柄下郡箱根町大平台にある神社です。大平台山神神社は、永禄年間(1558-1569)の創建と伝えられ、大平台の鎮守社であったといいます。

大平台山神神社
大平台山神神社の概要
社号 山神神社
祭神 大山祇神、木花咲耶姫命
相殿 -
境内社 4月17日
祭日 -
住所 足柄下郡箱根町大平台352
備考 -



大平台山神神社の由緒

大平台山神神社は、永禄年間(1558-1569)の創建と伝えられ、大平台の鎮守社であったといいます。

境内掲示による大平台山神神社の由緒

山神神社は、大山祇命、木花咲耶姫命を祭神とする大平台の鎮守です。江戸時代までは村の檀那寺であった林泉寺が、管理していました。創建の年代は、はっきりしていませんが、戦国時代にはすでに存在していたと、いわれています。(境内掲示より)

神奈川県神社誌による大平台山神神社の由緒

永禄の頃(一五五八〜一五六九)の創建と伝えられている。「新編相模風土記」には「山神社、村の鎮守とす。林泉寺持」とある。(神奈川県神社誌より)


大平台山神神社の周辺図


大きな地図で見る