川中島神明神社。川崎市川崎区川中島の神社

猫の足あとによる神奈川県寺社案内

川中島神明神社。建武二年(1334)に創建

川中島神明神社の概要

川中島神明神社は、川崎市川崎区川中島にある神明神社です。神明神社は、建武二年(1334)に創建、江戸時代には、大師稲荷神社と同じく平間寺が管理していたといいます。

川中島神明神社
神明神社の概要
社号 神明神社
祭神 天照皇大神
相殿 -
境内社 歳神社
祭日 4月16日
住所 川崎市川崎区川中島1-12-12
備考 -



川中島神明神社の由緒

神明神社は、建武二年(1334)に創建、江戸時代には、大師稲荷神社と同じく平間寺が管理していたといいます。

新編武蔵風土記稿による川中島神明神社の由緒

(川中島村)神明社
村の南にあり、社前に拝殿あり三間に二間、前に石の鳥居を建、兩柱の間一丈、これも(大師稲荷神社と同じく)平間寺の持、(新編武蔵風土記稿より)

神奈川県神社誌による川中島神明神社の由緒

建武二年(一三三四)正月十六日創建、同日子刻鎮座、貞治十七年三月十六日再建、応仁十六年再建、天正四年正月十六日再建、元禄三年再建、文政十三年正月十六日再建、明治十七年三月四日再建、大正十二年九月一日関東大震災により大破、昭和三年十一月二十六日午後八時修造遷座。(神奈川県神社誌より)


川中島神明神社の周辺図


参考資料

  • 新編武蔵風土記稿