猫の足あとによる相模原市・神奈川県・首都圏の寺院、神社など寺社案内

猫の足あとによる神奈川県寺社案内

大沼神社。相模原市南区東大沼の神社

大沼神社の概要

大沼神社は、相模原市南区東大沼にある神社です。大沼神社は、元禄12年(1699)から開発が始められた大沼新田の鎮守として享保21年(1736)に辨財天と称して創建、明治4年に大沼神社と改称したといいます。

大沼神社
大沼神社の概要
社号 大沼神社
祭神 市杵島姫命
相殿 -
境内社 -
住所 相模原市南区東大沼2-10-5
祭日 例大祭10月第1日曜日
備考 -



大沼神社の由緒

大沼神社は、元禄12年(1699)から開発が始められた大沼新田の鎮守として享保21年(1736)に辨財天と称して創建、明治4年に大沼神社と改称したといいます。

「さがみはら風土記稿」による大沼神社の由緒

大沼神社は東大沼2丁目にあります。その名のとおり昭和30年代までは神社の裏手に水をたたえた「大沼」がありましたが、現在では埋め立てられて住宅地となっています。
元禄12年(1699)、淵野辺村と木曽村(町田市)の村人により、この沼周辺の新田開発がはじまりました。いわゆる「大沼新田」です。その新田村の鎮守として享保21年(1736)に勧請されたのがこの大沼神社です。ただし、当時は「大沼弁財天」と呼ばれており、現在でも神社を囲む堀にかかる「弁天橋」のたもとには、文政10年(1827)に造られた「辨財天」の石塔が立っています。これが大沼神社と改称されたのは明治4年のことです。
さて、この神社で起きたとされる珍事を紹介しましょう。安政4年(1857)の夏、大暴風により境内の樹木が何本か倒れてしまったため、これを伐採して売りに出すことになりました。ところが、いざ伐採をはじめるとたちまち地鳴りが響きわたり、倒れていた大木がむくむくと起きあがり、もとの通りに立ってしまったといくのです。この不思議な出来事は大評判になり、境内は参詣者が絶えなかったといわれています。(「さがみはら風土記稿」より)

「神奈川県神社誌」による大沼神社の由緒

第十二代・景行天皇の皇子であらせられる日本武尊が御東征の時、大沼にて災難に遭われ、この時、鎮の神として日本武尊により勧請されたと伝えられている。
又、建武元年(一三三四)南朝の忠臣・小山田小太郎の敬神の念篤く、「相模国大沼弁財天」を守護神として出陣の折、欅製の木版を作製したものが起元であるとも伝えられている。(「神奈川県神社誌」より)


大沼神社の周辺図


参考資料

  • 新編相模国風土記稿
  • さがみはら風土記稿
  • 神奈川県神社誌