猫の足あとによる相模原市・神奈川県・首都圏の寺院、神社など寺社案内

猫の足あとによる神奈川県寺社案内

当麻山無量光寺。相模原市南区当麻にある時宗寺院、もと時宗大本山

無量光寺の概要

時宗寺院の無量光寺は、当麻山金光院と号します。時宗の開祖一遍上人智真が弘長元年(1261)に金光院と号して当地に創建、時宗2世真教が無量光寺と改号したと伝えられます。徳川家康関東入国後の天正19年(1591)には寺領30石の朱印地を拝領、明治期には時宗大本山として、数多くの末寺を擁していました。

無量光寺
無量光寺の概要
山号 当麻山
院号 金光院
寺号 無量光寺
本尊 聖観世音大菩薩
住所 相模原市南区当麻578
宗派 時宗
葬儀・墓地 -
備考 時宗の旧大本山、光明学園相模原高等学校併設



無量光寺の縁起

無量光寺は、時宗の開祖一遍上人智真が弘長元年(1261)に金光院と号して当地に創建、時宗2世真教が無量光寺と改号したと伝えられます。徳川家康関東入国後の天正19年(1591)には寺領30石の朱印地を拝領、明治期には時宗大本山として、数多くの末寺を擁していました。

平成さがみはら風土記稿による無量光寺の縁起

無量光寺は、当麻のバス停「坂下青年の家」のすぐ前、亀形峰と呼ばれる小高い丘の上にある時宗の大本山です。
『風土記稿』やホ『麻山集』の内容を要約すると、本寺は金光院当麻山と号し、時宗の大本山で、古くは「当麻道場」と称されて11ケ寺の末寺を持っていたとされています。
開山は「遊行上人」と呼ばれ、時宗の開祖でもある一遍智真〔正応2年(1289)没〕です。
弘長元年(1261)一遍は諸国遊行の際にこの地を訪れ、金光院という一字を設けたといいます。また、弘安5年(1282)に旅立つ際には自らの木像を刻んだといわれ、これは現在、当寺の本尊であると同時に、昭和33年には最初の市指定重要文化財になっています。
嘉元元年(1303)一遍と遊行を共にした2世真数は金光院を無量光寺と改め、伽藍を建立しています。
その後、当寺は室町時代には後北条氏と深い係わり合いを持ち、また天正19年(1591)には30石の朱印地が与えられるなど、大寺院としての威容を保っていました。
市の史跡にも指定されている広大な境内には、歴代住職の宝筐印塔が立ち並んでいます。
また、毎年10月23日の開山忌には稚児行列や雅楽、双盤念仏などが行われ、壇徒や見学の人で賑わっています。(平成さがみはら風土記稿より)

平成さがみはら風土記稿による無量光寺の縁起

(當麻村)無量光寺
當麻山金光院と號し、當麻道場とも呼べり(天正中御朱印の文に當麻道場とあり、)時宗(舊は浄土宗時衆派と號す、)無本寺にて十一ヶ寺の末寺を統、開山一遍上人
(注釈を読む)
弘長元年此地に遊化す、里人一宇を造て金光院と號す
(注釈を読む)
留錫四年京師に至り、文永七年皈院す
(注釈を読む)
明年他方に遊行し、建治二年紀州熊野に参籠し、権現の神勅を蒙り、名を一遍と改む、
(注釈を読む)
弘安四年金光院に歸り、明年發杖の時衆の願に任せ、自ら影像を寫し與ふ、高足智得を院内に止め、眞教と共に遊化し、正應二年八月二十三日攝州兵庫の津にて遷化す
(注釈を読む)
二世他阿眞教先師の遺言に任せ、諸國遊化し、嘉元元年二月當院に留錫し、新に堂宇を造て當麻山金光院無量光寺と號し自其二世たり、久明親王寺領及守護不入の朱印を賜ふ、嘉元二年法弟智得に他阿の號を授て遊行せしむ、眞教元應元年に卒す
(注釈を読む)
同年智得皈山し第三世に居れり、時に執権平貞顯の内命により智得病と稱し、遊行を辭せしかば、弟子吞海に其事を命ぜらる、内命の主旨出家の正義を背をもて遂に吞海を勘氣す是より當山の住僧遊行せずと云、元應二年智得入寂の後、附弟眞光四世の職に當れり、時に吞海一寺を藤澤に造立して清浄光寺と號し、相續て遊行す、然りしより藤澤と確執に及べり
(注釈を読む)
當寺一遍駐錫の舊寺たる間、小田原北條氏分國の頃も皈依淺からず、當時の文書朱印等今に蔵す、寺傳に、往昔長阿彌君(世良田左京亮有親君)徳阿彌君(松平太郎左衛門親氏君)御薙髪の御舊跡なるが故に(下の御本尊及御髪塚の條に詳なり)御打入の後内藤修理亮清成を以て御由緒上聞に達し、天正十九年十一月先規の如く境内不入、並寺領三十石を御寄附あり、其後寺中の制札を出され
(注釈を読む)
又殊ある寺格を賜ひしとなり、是より先北條氏の頃近村の原野にて草木萱等を苅事を許さる、
(注釈を読む)
本堂。一遍木像(立像長五尺三寸、前の寺傳に自作と云もの是なり、)及眞教智得の二像を安ず(共に木座像智得作、)
佛殿。本尊阿彌陀、東照宮より御歴代、又長阿彌君、徳阿彌君の尊牌を置奉る
【寺寶】
釋迦肉色佛舎利一粒(一遍感得の物と云)
宇賀神一軀(注釈を読む)
阿彌陀像一軀(注釈を読む)
三尊彌陀像各軀(注釈を読む)
六字名號銅印一顆(注釈を読む)
熊野権現像一軀(一遍作、木像尋常ならず、長四寸餘立像、)
一遍木像一軀(注釈を読む)
一遍畫像一軀(鏡にて寫せし自畫の像なり、寺傳の條に辨ず、)
一遍持蓮一柄(木にて作、長一尺二寸五分、)
磐一架(注釈を読む)
名號一幅(一遍筆、)
不動像一軀(銅座像、長五寸許、内藤修理亮清成守本尊なり、清成領地の頃寺領御朱印の文を取次しにより此像を御朱印由緒の本尊と號す、)
福満虚空蔵像一軀(座像長九寸行基作、崇源院殿御持念の像にて後に春日局に賜ひ、又巨瀬求馬某に付屬し、後江戸西久保大養寺に傳へ、故ありて當寺に傳来と云)
熊野権現本地佛一軀(紀伊中納言宗直卿御寄附せらる、葵の御紋を繍せし錦袋に入、彼卿自印封せらる、)
薬師像公(座像長四寸許、腹籠の小像あり、平貞時守本尊なり、もと塔頭和光院本尊なり、)
地蔵像公(座像長四寸許、是も貞時守本尊にて、塔中地蔵院の本尊なりしと云)
古文書十五通(永正より天正中迄、北條氏當寺へ出す所の文書制札等十二通、道興及長雄千葉介昌胤等の書簡三通なり、皆藝文の部に載す、)
鎮守三社
熊野(寶物の條に出せし開祖一遍作の像を祀る、)
妙見(寺傳に一遍靈光を感じて、當所に来りし時深林中に小社あると記せる是なり、)
白山(神躰は、三世智得上人作、)
啓運辨天社(座像長五寸許、腹籠に同像五寸許の像あり、是長阿彌君御守本尊なりと云、)
山神社
鐘樓
長阿彌君、徳阿彌君御髪塚二基
(注釈を読む)
名號石三基(一遍、眞教、智得等の名號を刻す)
加持水。艮隅にあり、旱魃にも涸ずと云、當所を笈退(乎比佐利)と云
(傍に高三尺程の石あり、寺傳に一遍此地に来りし時石上に笈をおろし、佛を出して居置加持せしかば此水湧出す、依て從者に笈を退去すべしと命ず、故に此地名起れり、)
木槵樹一株
(注釈を読む)
塔頭。
金光院、西光院、智光院、龍花院、地蔵院、成就院、清徳院、東慶庵、以上今現存す、
寶樹院、長慶印、傳徳庵、寶珠庵、長蔵庵、以上五院は廢す
尼寮四宇。是も今廢す、按ずるに、天文十一年の制札に、尼方に誰にても、不可取陣云々、又天正十九年二月改の水帳に屋鋪二十六間、當麻山法師方、同十五間同山尼方とあり、當時尼寮も多かりしこと知らる、間は軒の誤なるべし、
樓門。安永二年焼失して未再建に及ばず(平成さがみはら風土記稿より)


いいお墓

無量光寺所蔵の文化財

  • 無量光寺山門(相模原市指定文化財)
  • 木造一遍上人立像(相模原市指定文化財)
  • 無量光寺文書(相模原市指定文化財)
  • 無量光寺境内及び笈退の遺跡(相模原市指定史跡)
  • 無量光寺の徳本念仏塔(相模原市登録文化財)

無量光寺の周辺図


関連資料
  • 新編相模国風土記稿
  • さがみはら風土記稿