東光山西徳寺。横須賀市鴨居にある浄土宗寺院

猫の足あとによる神奈川県寺社案内

西徳寺。横須賀市鴨居にある浄土宗寺院

西徳寺の概要

浄土宗寺院の西徳寺は、東光山無量壽院と号します。西徳寺は、法誉順性上人が永禄3年(1560)に開山、真言宗の源徳寺、浄土真宗の無量庵、浄土宗の東光寺、及び寿経寺の四ヶ寺を併合し、東光山無量寿院西徳寺と号したといいます。

西徳寺
西徳寺の概要
山号 東光山
院号 無量壽院
寺号 西徳寺
住所 横須賀市鴨居2-20-4
宗派 浄土宗
葬儀・墓地 -
備考 -



西徳寺の縁起

西徳寺は、法誉順性上人が永禄3年(1560)に開山、真言宗の源徳寺、浄土真宗の無量庵、浄土宗の東光寺、及び寿経寺の四ヶ寺を併合し、東光山無量寿院西徳寺と号したといいます。

新編相模国風土記稿による西徳寺の縁起

(鴨居村)西徳寺
東光山無量壽院と號す、浄土宗(鎌倉光明寺末)本尊彌陀を安ず、開山法譽順性(永禄三年三月十四日寂す、)と云ふ、
鐘楼。鎮名は十七世實譽が記する所なり(銘文年紀を載せず、實譽は寛政中の寺主なり、)
淺間社
觀音堂(新編相模国風土記稿より)

境内掲示による西徳寺の縁起

西徳寺
鎌倉の光明寺の末寺として、永禄三年(一五六〇)法誉順性上人により開かれました。
当時、真言宗の源徳寺、浄土真宗の無量庵、浄土宗の東光寺、及び寿経寺の四ヶ寺を併合し、東光山無量寿院西徳寺と、改められました。
境内には、三浦一族の武将、和田義盛が出陣に際し、戦勝を祈願したと伝えられる「和田地蔵」が祀られています。
裏山には、義盛の剃刀塚や幕末期に江戸湾の防衛のために、この地に来た会津藩士の墓十一基があります。(境内掲示より)


西徳寺の周辺図


参考資料

  • 新編相模国風土記稿
  • 「横須賀市史史料」