折立八雲神社|あきる野市草花の神社

猫の足あとによる多摩地区寺社案内

折立八雲神社|折立地区の鎮守

折立八雲神社の概要

折立八雲神社は、あきる野市草花(小名)にある神社です。折立八雲神社の創建年代等は不詳ながら、折立地区の鎮守として祀られていたといいます。明治2年草花神社に合祀されたものの、大正時代初期に復祀したといいます。

折立八雲神社
折立八雲神社の概要
社号 八雲神社
祭神 素戔嗚尊
相殿 -
境内社 -
住所 あきる野市草花1880
祭日 4月15日
備考 -



折立八雲神社の由緒

折立八雲神社の創建年代等は不詳ながら、折立地区の鎮守として祀られていたといいます。明治2年草花神社に合祀されたものの、大正時代初期に復祀したといいます。

東京都神社名鑑による折立八雲神社の由緒

非法人のため記載なし(東京都神社名鑑より)

「秋川市史」による折立八雲神社の由緒

八雲神社 草花一八八〇番地
折立地区の鎮守である。明治二年(一八六九)に草花神社に合社になったが、大正の初めごろ、再び分離して、地区の鎮守となった。
御祭神は素戔嗚尊である。例祭日は四月の十五日である。通称は天王様とよばれている。境内に鬼源兵衛が持ち上げたという伝説の大石が置かれてある。(「秋川市史」より)

新編武蔵風土記稿による折立八雲神社の由緒

(下草花村)
該当記載なし(新編武蔵風土記稿より)


折立八雲神社の周辺図

参考資料

  • 新編武蔵風土記稿
  • 「秋川市史」
  • 東京都神社名鑑